【2月11日・翌日感想】【艦これ】砲雷撃戦!よーい!四十七戦目 舞鶴(2019年2月10日)

一日目の感想および二日目の感想もあわせてどうぞ

■□■2/9~2/11における今回の旅行のテーマ■□■

・舞鶴砲雷撃戦を楽しむ(前夜祭含め)
・京都の伏見稲荷大社に行く

●○●5行まとめ●○●
・行きの新幹線遅延で死にました
・悲しみの前夜祭
【参加者激増による不安】が的中した感じです(砲雷撃戦も
・揚 げ た て カ キ フ ラ イ 2 9 円(税抜)
・伏見稲荷リベンジ誓う

【2019年2月11日(月・祝)】
JR 特急まいづる6号 東舞鶴10:27⇒京都12:07
JR 奈良線 京都12:37⇒稲荷12:42
伏見稲荷大社 参拝
JR 奈良線 稲荷13:19⇒京都13:24
JR 新幹線のぞみ364号 京都14:26⇒東京16:43

食事
朝:ホテルのモーニングセット(和食)
昼:京都伊勢丹地下フロアの惣菜(チキン)

起きたのは6:30頃
昨日と同じく夜中何度か目覚めましたが、気づいたら再び寝ていた模様
寝る前に見ていたTwitterが全然進んでいなかったので速攻寝ちゃったみたいでした
その時点ではまだ曇りのようでした

身支度を整え、昨日予約した朝食を食べに1Fフロントへ
そして同じく1F併設のカレー屋さんへ向かう

ほぅ朝はカレー屋じゃなくなるのか
和食セットをもらう
さすがに誰もいない…と思ったらもう一人男性もすぐ後で入店

献立は、
ごはん・味噌汁・焼き鮭・卵焼き・ハムソーセージ・かまぼこ・納豆・具なしナポリタン・キャベツ・漬物
ごはん味噌汁とコーヒーなどのドリンクはお代わり自由だったかな?
おかずがちょっと小さめですが、こちらはそんなに食べないので寧ろ有難かった
これで600円は十分アリだと思います

外を見ると雪が舞いはじめていました
改めて砲雷撃戦の日に本降りじゃなくて良かった…
地面を見る限り、積もるという感じではない?
帰りに影響ないといいなと思いました

食べ終わり自室へ
この雪模様なのでお土産やどこか見に行くのは諦め、10時チェックアウトまで
まったりしてようかなと
普段TVは見ないのですが、旅行先での天気予報は新鮮ですね

たしか8時半すぎでしたかね…
ふと突然に「あれ?雪降ってるってことは絶好の見学ロケーションじゃね?」と
唐突に気付き、あわてて外出の準備にかかる
ホント今思い出してももっと早く気付けばと後悔

フロントで傘を借りてとりあえず赤レンガパークに向かう
この時点で8:55 往復1時間もない…結構カツカツ…

外気温もそんなに低くは無く、傘にかかる雪もべちゃっと
路面にも水たまりが出来、改めて積もる感じではない

三度赤レンガパークへの道
一昨日・昨日に比べて余裕が…あるわけでもなく
この三日間終始慌ただしい行程でしたw

パーク到着!海を見ると遠くに艦艇が!
ただ遠すぎて良く見えない;;
昨日の会場へ

あれだけの行列が出来ていた屋台の合ったスペースには
うっすらと雪が積もり始めていました
当然誰もいない
昨日の喧騒が嘘のような静けさでした
もうちょっと時間に余裕があればゆっくり見て回れたのですが…次回に!
名残惜しつつ、パークを後にします
この時点で9:15

さて宿へ…
その途中、左手に大きな橋が見えました
そういえば舞鶴に来て赤レンガパークにしか行っていないなという思いと
渡れば先ほどの海上自衛隊艦艇がより近くに見えるのか?という
淡い期待を抱いて渡橋することに

こういう下調べをしない行動を出先で結構やったりしますw
(…さすがに今回のように時間ギリギリでは普段はしないですが)

橋の入り口には「まえじまみなとほどうきょう」とあります
前島みなと公園や舞鶴港前島埠頭に続く橋ですね
この時点で9:20

往復時間も考え、9:30がリミットとして行けるところまで行こうと
急いで歩いたので冬なのに汗が出てきました

公園を越え、ひたすら進むとフェリーが見えてきました
でも見たいのは自衛隊の船なんだということでさらに進む

広い駐車場の左手に海
なんとなくそれっぽい!ということでさらに足早に進む
…見えた!でも赤レンガパークよりさらに遠くに見える!w
うーんこれは目的達成ならずでした
この時点で9:29

再び舞鶴に来る理由が出来たところで大急ぎで宿へ戻ります
9:45に宿着 大慌てでチェックアウトに向かいます
宿を出発したのが10時直前でした

特急まいづるの東舞鶴発が10:27
万が一にも乗り遅れはできないので、まっすぐ駅へ向かいます

アーケードを通ったわけではないのでなんともですが、
祝日にもかかわらず全然お店が開店していない感じでした
なんというか…この寂れ具合は…
佐世保より廃れている印象でした

特に海そばの人の少なさ
佐世保か、あと横須賀しか行ったことが無いので
対象としては少ないのですが
舞鶴は散歩で歩く人がまばらにしかいなかった
こちらの行った場所がそうだったかも?
個人的には人は少ないほうが好きなので寧ろ良かったりもします
移動大変かもですが雪が積もった時にまた訪れたいですね

東舞鶴駅着
列車発車の10分前でしたので余裕なく改札へGO
時間あれば駅の反対側も見たかった

特急まいづる
列車がイケメンだな!すごい新しいし座席もゆったりできました
定刻通りに出発 特に問題なく西舞鶴~綾部へ 雪もやんでいます

亀岡駅
行きで気になった建造物ですが、これは
京都スタジアム(仮称)だったんですね

京都スタジアム(仮称)整備について/京都府ホームページ
http://www.pref.kyoto.jp/kyoto_sports/
2020年春のオープン予定とのことですが、ちょっと色々あるようですね…

定刻通りに12:07京都駅着

さて、帰路の新幹線まで2時間20分ほどあります

実は今回の旅路での目的に、
京都の伏見稲荷大社に行くを設定しました

これは何故かというと、
「艦これOST vol.4雨 Tr.03 鎮守府の秋祭り」と
「千本鳥居をくぐる艦娘の絵」
この二つが
イメージとして合致してどうしても行きたかったから ですね

鎮守府の秋祭り
この曲の持つ非日常感、神秘性、幻想
祭りそのものより喧騒を離れた神社像が浮かび上がってきました
それも、祭り中の夜よりは
「黄昏時」と呼ばれる夕方ですね

そして、神社というと鳥居 鳥居というと有名な千本鳥居と繋がっていき
確か…千本鳥居を歩く艦娘の絵もどこかで見てそれが結びついたかと思います

ですので、この曲を聞くたびに上記のイメージが浮かび
いつか伏見稲荷を訪れたいと思うようになりました
…実際に艦娘がいるわけではなく、フィギュアなどを置いて撮影とかではないので、
あくまで実物を見てみたかったになりますが

そしてこの旅
京都を経由しますがどこか京都にも立ち寄りたいなということで
なら帰りに寄ろうと思い立ったわけです

本当でしたら夕方、具体的には初日舞鶴に向かう途中がベストで
そのつもりでしたが、バスを手配する直前で
前夜祭が発表され、あわててそれに参加できるように時間調整しました
復路は砲雷撃戦でヘットヘトの可能性および休みが終わるので、なるべく早めに帰りたい

夕方に見るという本懐からは外れますが昼に行くことで決定
最悪当日ヘトヘトだったら京都のどこかで休んでいるつもりでした
一人旅はその点柔軟にできるのがいいですね

というわけで伏見稲荷大社へ!
JR奈良線で行けば直ぐらしいので早速…の前に一仕事

荷物をロッカーに預ける
これが中々に難事でした

いうて京都は観光地だしいけば運よくどこか空いてるやろ!と
楽観的にみていたらまー空いてないこと…
そりゃ祝日の昼間ですしね 探せど探せど埋まっている

一瞬、700円のカートも入れるデカイロッカーが空きましたが、
そこまで大荷物ではなくこれで使ってしまったら他の人に悪いかなと遠慮しました
そこから15分くらいは彷徨うも見つからず…

大荷物を抱えての参拝は厳しい
これは今回は諦めて次回持ち越すかという選択が脳裏をよぎる
そんな中、偶然にも見つけました

京都駅 コインロッカー空き情報検索サービスについて:JR西日本
https://www.westjr.co.jp/company/action/service/voice/2018/0502.html

こんな便利なものが有ったんですね 前もって調べておけばよかったか…
とりあえず近場のロッカーを探す
ただ、予約できるとかではないですし、
空きがあった→他の人に先に使われる可能性も十分あったので
見落としていたロッカー群を探し移動

丁度使い終わった人が荷物を取り出す瞬間に遭遇!速攻しまう!
…大分ロスしてしまいましたが伏見稲荷には行けそうです

奈良線のホームに移動
ほえー 普通の路線なのに特急列車みたいな座席配置になってる
…そいえば初日のリレー号もそうでしたね
車内は外国人観光客も多かったです

稲荷駅に到着
うわー対岸の京都行ホームに人がいっぱい これ帰りは大変そう…

駅を出る
雨降ってる!むぅ…仕方ないので折りたたみ傘を
アッー!!
ロッカーに入れてきてしまいました…あーもうバカバカ
ここでビニ傘を買うのは非常にもったいないというので半ば濡れながら行軍を決意

すぐ目の前に「伏見稲荷大社」の碑が
大勢の人でにぎわっていました
鳥居をくぐる際には会釈と真中は歩かない、と

その日は2/11(月・祝)ということで、
「紀元祭」と書かれていました ただ、目的は千本鳥居ですので
ひたすらに案内板の通りに進む

やがて大量の鳥居が目に入ってきました
ここか!
ワクワクしながら進む

…結論から言うと、イメージの中の幻想的な雰囲気は味わえませんでした

ともかく人!人!人!
京都を代表する観光地、日本人より外国人観光客の方が多い印象でした
さらに複数人や団体客が一群で移動していますので、
こちらもそれに合わせ雨の中を人波に合わせて
ぞろぞろと進んでいくしかない状況です

京都駅での人の多さを考慮すればこの結果はある程度予想できるものだったかもですが
その時はそこまで気が回りませんでしたね

残念ですが途中で引き返すことにしました

リベンジするとしたら
人のいない時間帯…本当に早朝か深夜?
これは伏見稲荷専用の宿と行動計画を立てなくては駄目だなと思いました
伏見稲荷で画像検索で出てくる、鳥居が並ぶ無人の光景が見たいものです
ただこちらのイメージする夕方となると、今の盛況を鑑みるとかなり厳しいかな…;;

帰路は屋台がたくさん出ている道へ
うーんさすがにここに来て屋台は…伏見稲荷って食べ物何か有名なのあったっけ?
いなり寿司?と店を回りましたが時間もなかったので稲荷駅へ

…ここで駅に着いたときに見た反対側のホームの混雑を目の当たりにしました
というかそれより混雑が増している
人が多すぎてホームへの階段でとまってしまいました

まだ余裕があるとはいえ、昼もまだだしお土産も買っていない
これは厳しー 電車が到着し列が動きだしたので急いで空いている車両へ

京都駅13:24着
14:26発の新幹線なので多少の余裕はあるかなと
ここでお土産を見て回る 定番の八つ橋は外してお菓子に
あと自分用に漬物を ついに漬物が美味しいと思えるお年頃に…
薄味で漬けた山芋のが美味しかったので買っちゃう

お昼
正直京都で食べる名物が思い浮かばなかったので、まー空いている店でいいかなと
併設の伊勢丹へ ギャー!レストランフロアがどこもいっぱい!
しょーがない、新幹線で食うかと地下の総菜コーナーへ
「チキンとポテトのチーズ焼き」これにしよう!
おお、温めてくれるのか…有難い!

とやっていたら後15分ほどになったので大慌てで新幹線ホームへ
定刻通りに出発

チキン
ふつーに旨かった
この値段でこの味が食べられるって駅弁の存在価値を脅かすよなぁ

シンカンセンスゴイカタイアイス
いどさんもつぶやかれていたアイスを食べようとしたら
載っていた車用では販売ありませんとアナウンス 悲しみに暮れる

行きでの遅延トラブルもなく、無事東京駅に着きました

と、初の一人旅・舞鶴砲雷撃は終了しました

“【2月11日・翌日感想】【艦これ】砲雷撃戦!よーい!四十七戦目 舞鶴(2019年2月10日)” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。