【艦これ】蛙山先生の秋雲衣装と大井鹿島

!!注意!!
今回の日記では一部女装ネタが有りますので、ご注意ください

 

 

蛙山先生といえば非常に個性的な、幅広い作品を描かれる方
『あかつきひびき同人誌を描く。』は会場で購入したのですが、
非常にハートフルな作品でした

前置き終わり


絵描きさんをJKするネタが流行っている中ついにご自身が秋雲に

…いやー、すごいですね
まずお手手綺麗ですねというのと、
顔が全く見えていなくても髪型と衣装で勝手に脳内補完が働いて
秋雲に見えなくもないという補正がかかるというのが

なんでも手用ストッキングというものがあるらしい
知らなくてもいいし知らない方が良かった知識…
肩幅も角度で上手く調整しているというか
業がもとい奥が深い世界ですね…

大井鹿島

> ぼくの思う北上大井鹿島です

これ!

おそらく登場人物誰も幸せにならない…でも滅茶苦茶心を揺さぶられる
ほんとたまらんです…
喜怒哀楽
人間の感情を動かすものに人は惹かれる

自己流の解釈で恐縮ですが
北上さんは大井っちはきっと夢を選ぶだろうと確信していた
でも北上さん始め鎮守府の皆に迷惑をかけるのは…と逡巡
その迷える背を強引に押してあげたと見える
「妬いちゃうなー」ってのは結構本音が入っている
覚悟を決め北上さんに砲口を向ける大井っちの顔がまた…

同人界隈ですと北上様は天性の才能をもった艦娘に
描かれることが多いですが、大井っちは結構差があり
その中でこの展開…唯一北上様と対等に戦える大井っち 熱い

次回夏コミで頒布予定とのことです
楽しみでならないです

購入後の感想もよければどうぞ

“【艦これ】蛙山先生の秋雲衣装と大井鹿島” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。