「加賀さんの一日」【どん底かしわめし】(マスクザJ様)

加賀さんの一日(どん底かしわめし)の通販・購入はメロンブックス | メロンブックス
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=519656

カーッ!もうカーッ!!という感じでした読み終わった後は(
加賀さんでおなか一杯になれる本です

照れ加賀さんが計8回
その中でも特に五月雨ちゃんとの絡みが個人的に好きです
てか五月雨ちゃんあの笑顔は反則ww天使か
あと浮かぶ能代の艤装の細かさがシュゴイ

朝寝起きの三白眼w
同じ何気ない日だと仮定すると、前日就寝時はあんな穏やかな顔をしていたのに…(
深夜誰もいない状況でこっそりしっかり修練に励む加賀さん好き

にしても、改めてこう、
「セリフが一切無いサイレント漫画」とは思えないほどの内容
自然と頭に会話が思い浮かぶというか…
流石としか言いようのないです

赤城さんと加賀さんの最後のコマ
この時だけ、どんな内容を話しているのかちょっと分からない…
まだまだ理解力が足りないなと思いました

加賀さんはもちろんですが、
夜中誰か()が屋上で叫んでいる→怒っているシーンや鳥海藤波など
見どころ満載です
6/29時点ではまだ予約受付中ですので、是非お早めにご予約を!

「坂道とクレーンと思い出と」【どん底かしわめし】(マスクザJ様)

メロンブックス商品ページ
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=490469

雪風の私服がゲキレツ可愛いんですけど!!!!
あと性格的に積極的になれないけど司令にはくっつきたい気持ちを抑えられない時雨が眼鏡でヤバい!!(

ワイワイ観光を楽しんでいる最中の翔鶴と加賀さんの会話好き
赤城さんと加賀さん食い物でキラキラし過ぎwww

感想としては、
あとがきというの名のシンクアバウト赤城さん
このページこそがこの本の7割だと思っています
前の日記でも赤城さんに触れましたが、
個人的には赤城さんは喜怒哀楽の「怒」を感じることがセリフからも無く、
それが逆にものすごい違和感と怖さが有ります…
その点が魅力でもあるのですが
いやその前のページも忘れてはいけない赤城さんその顔はヤバいそれは誰でも墜ちる

あの赤城さんに「私たちの提督」を言わしめるT提督(仮)…この人の底の知れなさも気になりますね ただただ真正直なだけってこともあり得ますがw

本音は、これだけ素晴らしい作品を発表されている皆様が凄いと思うのと同じくらい
ただ発表されているものを見るだけの自分を振り返ると
何とも言えない感情が湧きあがっている という感じです

T提督(仮)【どん底かしわめし】(マスクザJ様)

加賀さん漫画脳内鎮守府劇場「夜戦お断りします」
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=41267516
https://www.pixiv.net/member.php?id=199413
https://twitter.com/joniele13

提督名:T(仮)
判明していないと思いますので、彼の容姿から仮名をつけています。

某アイドル育成ゲームのPプロデューサーのように、
恐らく提督の「T」を頭部に据えた?提督です。

性格は朴念仁のごとくニブチンですが、それは
意識してそのようにふるまっている為でもある。
また、特殊な偽装を身につけて
提督自身が深海棲艦に立ちむかっていたことも。

…これ以上はいいか。

というのも、何といってもこちらの鎮守府では
加賀さんとのイチャイチャ話がメインなのですから!!

作者のマスクザJ様自身@加賀道と付け、
プロフィール欄でも
「艦これの加賀さん熱がおかしゅうございます。」と
コメントされていますしね。

一見クールながらその実激しい感情の起伏を備えている彼女を、
作品内で見事なまでに昇華。
素直になれない加賀さんと作品最後になって赤面するも
恥ずかしくまともにしゃべれない加賀さんを見て
ニヤニヤしたり悶えたりするのが正式な楽しみ方です(
正妻空母という単語は正に彼女のためにふさわしいと思えます。

加賀さんだけではなく、他の艦娘たちの性格付けも素晴らしく。
特に空母組は優遇されている印象。
赤城さん、二航戦、五航戦ほか続々追加される
空母組を見事に鎮守府に溶け込ませています。

…ていうかあれですね、このページを書くのに
ぴくしぶの過去作品を調べる→懐かしさで読み始めて
膨大な時間が持っていかれてしまい、
さらに書くのが遅れるという。
しかたないね。

↓いつかその指輪を渡す日が来ることを、
悲しみつつ楽しみにしたいと思います。

脳内鎮守府劇場「ケッコンカッコカリ」
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=42114837

■メロンブックス どん底かしわめしの検索結果

 

 

 

 

 

余談:

脳内鎮守府劇場「空母達の休日」
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=43335064

こちらはご紹介した「ケッコンカッコカリ」の
後日談を兼ねての作品とのこと。
個人的にはこちらのお話の方が好きです。

一二五航戦がお風呂に行くということで、
そちらのシーンもさることながら
加賀さんの新たな魅力を堪能できます。
「どきなさい」→「きゃん先輩♥」とか特に。(翔鶴姉ェ)

…はーっ、ホント何度見てもいいですね。
全くもって素晴らしい描写です。
この方の作品でもって改めて好きになりました。

赤城さんが。

私の中での赤城さんのイメージは、
マスクザJ様の赤城さんにかなり影響を受けております。
ほかの作者の方では大食いオンリーだったり
戦闘狂だったり色んな描かれ方をしていますが、
いやそれらもすべて好きなのですが、
本当はカッコイイ赤城さんというより
本当にカッコイイ赤城さんはもうなんといっても
…っとこちらが止まらなくなりそうなのでこの辺で!