空母甲板の障害物「艦橋」どこに置くのが一番よい?

空母甲板の障害物「艦橋」どこに置くのが一番よい? 試行錯誤の結論が「右舷」のワケ | 乗りものニュース
https://trafficnews.jp/post/90459

> 戦前からこのかた、世界的に見ても空母甲板上の艦橋は右舷にあり、例外は旧日本海軍の「赤城」と「飛龍」くらいですが、これはなぜでしょうか。そこにはもちろん、空母黎明期からの試行錯誤と、その末に見出した理由があります。

ほえ~

最終的にはパイロットが右利きが多いため、
いざというときに引く動作がやりやすく、
そうした際に左側に艦橋があると
邪魔になるから ってことですかね?
すみませんざっとしか読んでいないので、
ぜひリンク元をご確認ください…

> たとえば1942(昭和17)年5月7日の珊瑚海海戦では日没直後に、九九式艦爆隊が間違って敵空母「ヨークタウン」と「レキシントン」に着艦しようとする珍事まで起こるくらいなのです。ちなみにこのとき、アメリカ空母側も着艦許可を出していたという、不注意が過ぎる謎の事件です。

アメリカ側も着艦許可を出していたっていうんですから
すごい話ですね…

その後どうなったかというと、
こちらのサイト様によると
最低限の損失で逃げ切ることに成功したようです

アナーキャ様
夕撃旅団-改でヤンス
珊瑚海海戦編
■そしてアメリカ側も困惑してた
http://majo44.sakura.ne.jp/etc/acfb/501.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。