【出発前日の不安点と衝動】【艦これ】砲雷撃戦!よーい!四十七戦目 舞鶴(2019年2月10日)

準備?アイツはもう消した!(

舞鶴砲雷撃に向けていくつか不安点があるので今のうちに書いておこうと思います

・土地の不安点
初舞鶴 旅慣れない自分にとってはいくらルートを確認し 時刻表を確かめてもやはり不安は残ります

・天候の不安点
最強寒波到来 舞鶴はおろか、関東脱出も確実とは言えないという状況 さらにいえば地面ですね
積雪もですが凍結による転倒がとても怖い 冬靴用意していないので尚更

・イベント自体の不安点
これが艦これ運営主体のイベントでしたらこうはならない つまるところ物販並んでイベントに座って参加すればいいだけですから
まず前夜祭が結局どう推移するのかわからんし、砲雷撃戦当日も最初は飲食に並ぶの?その間に入場待機列はどうなるの?など カタログが事前販売されていないのも辛い サークル配置図は無論ですが、舞鶴砲雷撃特有の諸注意が分からない
さらに当日雨や雪が降っていたらどうなるのか?たとえば待機列に並んでいるときは傘はNGとか分からない…

考えれば不安点はいくらでも出てきます
で、いつもの自分のパターンでしたらやっぱり参加見送ると思います いつか行けたらいいなと思いながら

ただ、今回はもう本当にどうしても行きたいと思いました
誰が待っているわけでもなく、また絶対に行きたい場所・やりたいことがあるわけでもないのに

では何故か 改めて考えてみましたが、
今回の熱気は本当に異常で現地に行くしかないと思ったからと
次回舞鶴砲雷撃戦に参加できるなんて保証はないからですかね

艦これ人気がいきなり終わるか、何か誰かがやらかして強制的に終わるか
何らかの事情で舞鶴砲雷撃戦が今回でラストになるかもしれない
もっと個人の事情で、今後イベントに参加できなくなるかもしれない

であれば行きたいと思った今しかない
衝動のままに

これが杞憂に終わり、艦これ人気が続き、次回舞鶴砲雷撃が無事開催されるとしたら
それはそれでとても喜ばしいことです 絶対金キツイですがまた来ればいい
寧ろそうなってくれることを祈ります

と眠気眼でまとめてみました これ起きたら恥ずかしくなってるだろうなぁ…

荷造りは起きた自分に託します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。