【感想】【終わって翌日 2022/4/25(月)】C2機関「艦これ」呉鎮守府巡り2022・呉市制120周年記念

個人の感想がメインですので、
その点何卒ご容赦くださいませ

日毎にページを分けます

このページは
2022/4/25(月)について書きます

4/22 4/23 4/24 ライブ 4/25 他サイト様

ざっくり行動結果です

・朝はホテルのバイキング
・晴
・艦船めぐり 再び乗船
・大和波止場を巡る
・Cafe&Lunchレストさんでランチ
・広島空港経由で帰還

呉(広島県)の過去の天気(実況天気・2022年04月25日) – 日本気象協会 tenki.jp
https://tenki.jp/past/2022/04/25/weather/7/37/47766/

朝のうちは雲が残っていましたが
その内青空が広がりました

気温もちょっと高いくらいで
観光には絶好の気候でした

■朝
7:30過ぎ
1Fのバイキング会場へ向かいます

窓の外
どんよりとした空模様
陽の光は見えず

バイキングの料理
改めて見直します

パン
かなり充実しています
サンドイッチはツナ、たまご、メンチカツ?かな
カレーパン、えびアボガドチーズパン
小さめのベーコンと各種野菜のパン
あんぱん、メロンパン、ハムカツパン、あんバターパン
どれもホテル作成ぽいです

私が朝はごはん派なので
見送りましたが
パン派の方にはたまらないのかも

昨日も書いた こだわりの和たまご
近くには明太子もありました

シーフードとたまごのサラダ
なすの揚げ浸し
ほうれん草のおひたし
あぶりサーモン
だしまきたまご
焼き鮭
ミニハンバーグ
牛カルビコロッケ

見ているだけで
美味しそう

お味噌汁
刻みネギを好きなだけ入れられる
個人的にとても嬉しい
納豆にも投入しました

そして
カレー

「特製!!モーニングカレー
口コミでも大人気!呉森沢ホテル
モーニング特製カレーです
牛肉と野菜の旨味がお口いっぱいに
広がります

是非一度 ご賞味ください!!」

頭にターバンを巻いた
呉氏の絵もあります

そう カレーです

最終日
ここでカレーを食べずに何時食べる
ということでいただきました

濃厚
具が肉が溶けている

こりゃ旨い
これだけでお腹も心も一杯になりました

胃に余裕があれば
牛カルビコロッケ投入もありですね

デザート類も充実
写真撮るの忘れました
いちごプリンとガナッシュ
ぶどうジュースもいただきました

食べすぎました

胃を落ち着かせつつ
10時チェックアウトギリギリまで滞在

10時
呉森沢ホテルを出ました
4日間本当にお世話になりました!

艦これリアイベに関係なく
今度はゆっくりと滞在しに来ます

■再び艦船めぐり

さて
全くのノープランです

とりあえず
バスで呉駅→大和ミュージアムへ向かいました

未だ雲は残っているものの
青空が広がり始めています

なんとはなしに
呉中央桟橋ターミナルへ

艦船めぐり
予約なしでも参加できるようです
それならば、と
コラボ乗船券を購入

アクキー
昨日は無かったゴトランドがありました

参加者
イベントの余波が残っているのか
提督とおぼしき方たちが多いです

11時
出発です

多分見た艦は一緒かな?
なので省略させていただきます

案内人の方
黄色いジャンパーを着用

昨日の方とペアだったのかな
運転された方が今日はアナウンス
アナウンスされた方が今日は運転に

アナウンス
昨日の方は
色々笑わせてくる方でしたが
今日の方は
淡々と説明をされてくる方でした

最初
比較して笑いが足りないと思ったのですが
説明がかなりしっかりしていて
なるほどーと深く頷きました

メモを残しておけたら良かったのですが
無念

船上
暑い
雨も大変ですが、
晴れも大変

ところどころ雲が出ていますが
基本晴れ
日光が容赦なく照りつけます
船上の青い塗料が眩しい

終わって
大和波止場の方へ向かいました

昨日までの祭りが夢の跡
残滓すら残っていませんでした

改めて見ると広い
波止場の先の方まで
物販の列があったと思うと
並ぶのは大変という気持ちが浮かんできます

誓いの錨
戦艦「大和」主錨
を見ます

平日昼間ということもあり
人影もまばら
というより
数人しかいません

一部区画
鎖で侵入を拒むような場所があります
ただ、高さが無いので
簡単に向こうへ行けそう
とりあえずやめておきます
その先には特に何もなさそうでしたし

何より
一番に感じたのは
瀬戸内に浮かぶ様々な船とその景色
左手には多数のクレーン
右手には凪いだ海面と背の低い島

静かな海
という言葉がピッタリでした

などと詩的に書いていますが
実際には
容赦ない日差しで結構暑かったです

一昨日
艦娘遊撃隊 明石さん大淀さんや
呉氏も来ていた鐘

戦艦「大和」の時鐘
時鐘(じしょう=タイムベル)
時鐘という言葉がカッコいい

潜水調査船「しんかい」
どことなく可愛らしい外見
その実307回の潜水調査を実施
すごい

時刻
正午です

13:35発
呉駅前→広島空港の
リムジンバスに乗ります

広島空港内で食べても良いのですが
折角なら呉でランチを食べたい

ちょっと彷徨いました

呉駅に戻る途中

そういえば
幾度となく通り過ぎた
呉駅⇔大和ミュージアムの自由通路
その間にある
五十六 (イソロク)さん
https://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340401/34019128/

通路の上から
何度も見たお店
いつか機会があれば
と思っていました

今か

ランチやっているかしら
見てみます

1Fはこちら

地酒・焼酎・ワイン専門店|株式会社呉山城屋
http://www.kure-yamashiroya.co.jp/omise/index.html

2Fへの階段に向かいます

んんー
なーんかやってなさそうな雰囲気です
自由通路の上から見た2F
お昼時ですが店内が暗く
誰もいない様子でした

これは駄目かな
またの機会に

総合模型専門店マルタ・ホビー 広島県呉市宝町2-41 呉駅より徒歩2分 MALTA・HOBBY
http://malta.hobby.co.jp/

こちらも自由通路上から
よく見るお店
扉はしまっていました

ちょっと歩きました

RECRE/レクレ | ココロ タノシイ カラダ ウレシイ RECRE/呉のレクレーションショップタウン レクレ
http://www.kure-recre.com/wp/wordpress/

INFORMATION
全館ご案内
を見ます

SPA SOLANI 大和温泉も入っています
時間があまりないので
これまた次の機会に

はなの舞
魚民

居酒屋さんでのランチ
結構好きです
ただ呉まできてチェーン店はなぁ
しかし時間が


大体このパターンで
時間ばかりが過ぎていきます
悪い癖です

駅直結の通路
三菱重工の建物を見ます
特に何かあるわけではないのですが

■そごう呉店 跡地

何度も呉駅を訪れていて
その分目にしてきた
そごう呉店 跡地

その実、意識したことは
あまりなく
ただ次なる目的地へ向かうことに
気を取られていました

引き続き駅直結通路
バリケードが張られた入り口
そして
からくり時計を見た瞬間

そごう呉店があったことを
強烈に意識しました

かつての百貨店やデパート跡地
こういった風景は
珍しいものではないのですが
改めて見ると
何とも言えない感情が湧き上がります

広島・呉駅周辺の開発事業者が決定 「そごう呉店」跡地も再生へ – 広島経済新聞
https://hiroshima.keizai.biz/headline/3706/

> 開発エリアは呉駅から呉中央桟橋までの呉駅周辺。計画には土地の未利用状態の長期化と、呉市の玄関口として相応しいにぎわいの再生が大きな課題になっていた呉駅前の「そごう呉店」跡地の再生も含まれる。

> 駅前は、将来改修予定のJR呉駅の橋上駅化にも対応したペデストリアンサークルを設け、市街地と大和ミュージアムなどがある沿岸観光エリアの連携を強化。バス事業者と連携した駅周辺の交通円滑化や商業施設や文化・スポーツ施設による集客を目指す。このほか、呉市の防災拠点の整備やランドマークとなる複合型タワーマンションの建設を予定する。

おおおー

大きなサークルが
目を引きます

「バス事業者と連携した駅周辺の交通円滑化」
嬉しいです

「複合型タワーマンション」
屋上 とても眺めが良さそうです

呉駅前に戻ってきました

巨大スクリュー
の台座には
「海色の歴史回廊 くれ」の文字が
素敵なフレーズです

12:15頃
バス出発時刻が13:35発

そろそろ決めないとヤバい

もう駅周辺で決めます

呉駅降りて右手の通り
ひと通り見て決ることにします
ラーメンやお好み焼き
うーん
ちょっと違う

ひと通り見ましたが
やっぱりどうも違う

時間がない
とはいえ
やはり納得行くランチにしたい

悶々としている中

「COFFEE レスト」
の文字が見えました

ああ
ここにあったのか
何度か店名を見たことはあったのですが
具体的な場所を認識していませんでした

確か今回はコラボ店舗ではなかったはず
しかしながら時間

ここに決めました

いかにも喫茶店という扉を開けて中へ
初めてのお店は常にドキドキします

■Cafe&Lunchレスト

Home | Cafe&Lunch-Rest
https://cafelunch-rest.jimdosite.com/

入って左側のテーブルを案内されます

メニュー
んー
やはり海軍カレーなのでしょうが
朝食べてしまいました

ステーキ丼
ちょっと重いかな

悩みます

一番上に書いてあるし
迷ったら定番メニュー
大和オムライスにしました
グリーンピースは苦手ですが
気にせず食べることにします

やがて
オムライスが運ばれてきました
やっぱりグリーンピースあります

デミグラスソースと迷ったのですが
ケチャップの酸味が恋しかったです

さて
呉遠征を飾る最後の食事
満足の行くものにしたかった

そういう割には
行き当たりばったりなのですよね
我ながら呆れ果てます

さらに
正直申し上げますと
オムライス
どこでも食べられる上に
特段好き
というわけでもなく

やっぱり他の物にすればよかったかなぁ
とこの期に及んでウジウジしていました

一口食べます

!!!

衝撃
思わず目を見開きました

甘い
玉ねぎか?
いやそれにしても

旨い

今思い出しても
あの衝撃には鳥肌が立ちます
この呉鎮守府遠征で
一番驚いた瞬間だったかもしれません

シンプルなメニュー
それ故に
ごまかしが効かない

オムライスが
こんなに美味しいとは
思いもしませんでした

すっかり上機嫌になりました

ランチを探して
歩きづめということもあり
結構汗をかきました
店内弱冷房ということもあり
ちょっと迷いましたが
ホットコーヒーとケーキをオーダー

ケーキ
入口近くのウィンドウからチョイス
ベリー系にしました

これまた美味
セットで400円というお値段も
有り難いです

何とも言えない
幸せな時間でした

やがて
お店の女将さんとお近くのマダムで
お話が

聞こえてきた話

マダム
艦娘音頭?とかいうのに
市長も出たらしい

女将さん
艦これのイベントで人が来てくれる
今日も
閑古鳥ばかりだから人が来てくれるのは
嬉しい

宿が取れたけど
イベントのチケットが取れない人がいて云々

ガッツリ今回のイベントのお話を
されていました

土曜日のゆめタウンは凄かった
全国から人が来た
1万人くらい?
メロンパンが売れまくった
とのお話

お客さん来店
提督っぽい方

女将さん→提督っぽい人
帰るところですか?
神奈川在中の提督みたいです

疲れたでしょー
そうですね、歩き疲れました
大和ミュージアムやあちこち回ったので

デスヨネー

この方
ライブ当選してから
宿を探したということで
広島に宿泊したようです

女将さん
2019年のときは3万人
コロナがなければねぇ~

その通りですね

女将さんの姪っ子さんも
東京から来て「疲れた疲れた」
と言っていたとのこと
長旅になりますからね

途中
実は私も同じでして
と入ろうかと思いましたが
ちょっと席が離れていたので
ここは
静かにしておくことにしました

13時過ぎ
お会計

オムライスが非常に美味だったこと
および
私も艦これイベントで来ました
ということを明かして
退店しました

ありがとうございました!

そこそこ時間がありますが
そのままバス乗り場へ
提督とおぼしき方たちが
待機列をなしていました

13:30頃
呉駅前→広島空港の
リムジンバス到着

発車

呉の街を離れます
4日間お世話になりました
また、訪れます
中通りからもパシャリ

14:30頃
広島空港到着

少し時間があります
お土産を見つつ
ラウンジを利用してみることにしました

おおー
満喫のすごい上位感
狭いながらも簡易個室っぽくなっています

日本酒の試しのみ?コーナーも有りました
ただ
「只今、ご利用頂けません」の紙が
カナシミ

簡易個室
小さいモニターがあり
TVも映るようです
各種充電用の電源もあります
コーヒーを淹れて充電しました

一休み後
搭乗手続きを済ませ
離陸です

広島 15:35 → 羽田 17:10

飛行機
滅多に乗らないので
移動中の景色も
興味津々です

陸地の大きさが何となく分かる高度までは
いいのですが、
対流圏?からの眺め

かなり特徴的な地形ならまだしも
具体的に何処らへんを飛んでいるのか
分からぬい

地理に強くなりたい

富士山
フッジッサーン
しっかり見えました
機内で富士山が左手に見える旨
アナウンスもありました

16:45頃
太陽もだいぶ傾いてきました

何処ら辺を飛んでいるんだろう?
千葉 メッセ?っぽいのは見えた気がします

着陸に向けて
機体が大きく傾きます

そう
羽田空港への進入路
これも先に勉強しておくべきでした
東京タワーや東京ドームはわかったのですが
どういうルートで入るのか
最後までわからなかった悔しい
スカイツリーも見えたはずですが
場所を認識していないので
多分視界に入っただけ

しっかしまぁ
都内は本当に隙間なく
建物がありますね
密集しすぎているくらい

そんな中
皇居かな?
その一帯は濃い緑が広がっています

海岸沿い
コンテナ群やクレーンが多数あります
クレーン
呉とは全然印象が違うなぁ

着陸の瞬間
何かあったらどうしようと
やっぱりドキドキします

無事着陸
この瞬間
旅が終わったという
実感を覚えました

キャビンアテンダントの方の
メッセージを記しておきます

「こちら東京周辺は
ここ数日、不安定な天候が続いておりましたが
本日は朝から、爽やかな青空が広がりました。

早いもので、今週末からゴールデンウィークが始まります。
何かと制約が多い生活が続いておりますが、
どうぞ皆様くれぐれもご自愛の上、
元気でお過ごしください」

こういうメッセージ
嬉しいです
と同時に
流石だなぁーと思いました

その後
京急で品川へ

18時位でしょうか

帰宅する人々で駅構内は
ごった返していました

この時ばかりは
一気に現実に引き戻されました

仕方ない
電車に揺られて帰宅しました

【感想】【前日 2022/4/22(金)】C2機関「艦これ」呉鎮守府巡り2022・呉市制120周年記念

個人の感想がメインですので、
その点何卒ご容赦くださいませ

日毎にページを分けます

このページは
2022/4/22(金)について書きます

4/22 4/23 4/24 ライブ 4/25 他サイト様

■羽田空港へ

金曜夕方
呉へと旅立ちます

ただ
急な案件がありスタートが出遅れ

焦る気持ちを抑えつつ、羽田空港へ向かいます

電車内
ベビーカーを担いで降りようとするママさん
こちらも急いでいます
が、
大変そうでしたので
降ろすお手伝いをしました

自分の荷物にも気を配りつつ
よいしょっとベビーカーを持ち上げます

感謝されました

最初に書いた心持ちを実践できたかなと
ちょっとだけ晴れやかな気持ちになりました

その後
時間がない中で
初めての場所に立ち寄ります

靴とバッグの修理店 | [全国に約300店]MISTER MINIT
https://www.minit.co.jp/

お恥ずかしいことに
お金を出して靴を磨いてもらう
という発想に至ったことがないです

折角のスーツ
なら足元もスッキリさせよう
と意を決して利用しました

幸い
お客さんの姿がなく
直ぐに対応してもらえました

コースがいくつかあります

プレミアム靴磨き
所要時間 5-10分程度
価格 [両足]税込1,100円(ブーツ磨きは税込 1,650円)

をチョイス

待っている間用に
スリッパが渡されました
靴を預けた後どうするのかな
と思っていましたので
なるほどこうなるのかという気持ちです

10分ほどして終了

靴を見る
おおー
ピッカピカになっている
プロに任せると違いますね

気分一新
19時半頃
品川から京急に乗ります

唐突に横須賀に行きたい気持ちが湧いてきます
私の中では
京急といったら横須賀
のイメージが焼き付いています

などと考えつつ
天空橋
1MYB Valentine Liveを思い返します

羽田空港
第一ターミナル着
19時過ぎ

確か、19:50頃発の広島空港行

どこかで急いで夕飯を食べたい
でも時間がない

葛藤しつつ
手頃なお店を物色します

東京シェフズキッチン | レストラン | レストラン&ショップ | 羽田空港旅客ターミナル
https://tokyo-haneda.com/shop_and_dine/detail/tenant_00029.html

千円くらいで手頃に食べられそう
ただちょっと重ためかなぁ
でも美味しそう

かなり心惹かれましたが、
ちょっと時間がなさすぎました
後ろ髪を引かれつつ
泣く泣くエスカレーターに乗ります

大急ぎで手続きをします

あとは搭乗のみです

飯!
蕎麦が無性に食いたい

案内板を見て急行します

ぎゃああああ
営業終了してるうううう

19時30分前で営業しているのは
ちょっと高そうなお寿司屋さんのみ
うぐぐぐ
やはりあそこで食べておけばよかったか

このまま夕飯なしor現地着後に食べる
を考えたのですが
翌日スムーズに動くためには
ここで何かお腹に入れておいた方がいい

やむを得ず
タリーズでサンドイッチをコーヒーを注文
値段的にも
悩んだところと変わらずになってしまいました

折角の呉行
食事も楽しみたかったですが
背に腹は代えられない

更に言うなら
少なくとも夕方前には羽田を発ち
夕飯を呉で食べたかったです

致し方がないとは言え
余裕のない旅程です

参加できない よりはましと
気持ちを切り替えるように努めます

19時32分
食べ終わりました
時間がない

ゴミをゴミ箱へ
急いで搭乗口ヘ向かいました

離陸

JALのモニター
今どこを飛んでいるのか
常に表示してくれると嬉しいなぁ

30分弱で名古屋通過
35分 京都通過

いまさらながら
舞鶴の位置
京都の左上なのですね

43分 姫路通過

後は面倒になったのか
記録は残っていません

21時10頃
広島空港 着

再び来ました

感慨にふける間もなく
広島空港 → 呉駅前のリムジンバス搭乗口に向かいます

おそらく提督であろう方が
続々と並んでいきます

満車
とは行きませんが、
感覚的に半分くらいは埋まったのかな

夜のバス
車窓からの眺めは
自然暗闇の中
しかしながら
お祭りが始まる前のワクワク感
呉が近づくにつれて
否が応にも増していきます

呉に入りました

本通3丁目で下車しました

22:31
分かっていたとはいえ
この時間から飲むのは流石にアウト
寝るしか無い時間です

居酒屋利根
偵察してみます
すごい
遅い時間なのに10人くらい店の前にいます

改めて
艦これリアイベが始まるんだなぁと
実感します

本日のお宿にもうすぐ到着です

唐突ですが
この瞬間
多分、今回の旅で
一番気持ちが盛り上がった瞬間だと思います

これからのリアイベ
どう行動するか
そもそも、今回初めて泊まるところ
どんな感じなのか
寝なくてはいけないですが
どこまで情報収集の時間を割くか
C2機関のTwitterも再確認しなくては
などなど

期待と不安
いろんなことが頭をよぎりつつ
普段よりもずっしり重い荷物を持ちつつ
呉の夜を歩く

今思い出しても
この混沌具合がたまらないです

坂道を登っていきます
途中
ライトアップされたお宿の文字

「Kure Morisawa Hotel」

呉ホテル | 日本広島呉市 | Kure Morisawa Hotel
https://www.kuremorisawa.com/

”1MYB”全国ツアー横浜ライブ
終演後の情報で発表された呉遠征
帰りに頑張ったのですが、
呉宿の予約が取れませんでした

その後も粘りつつ
いつかは諦めて他の場所を取らなくては
と思っていた矢先

偶然見た時に呉森沢ホテル
予約受け付けていました
うおっ
すぐに手続き開始
値段
中々です
土曜かな?1泊2万円近くにも

予算が

一瞬迷いました

躊躇してはダメということで
3泊取りました
値段からは目を逸しつつ

思えば
130th kure 2019からはや3年
あの時の空路機動の無念を晴らすことができました
感無量

入り口
照明が落とされています
今回の呉遠征ポスターが貼ってありました
現地で見たのはこれが初かな

ロビー
写真撮り忘れましたが
地元の工芸品が展示されています

空間を贅沢に使っている感じ
お洒落

チェックインを済ませて
エレベーターへ


藤波のスタンディがあります
荷物を持っていたので
確かめていませんでしたが
前回のイベントのかな?

廊下
ほぅ
外からだと分からなかったですが
結構横長な作り

部屋へ
バスタブがとても綺麗だったのが
印象的です

あと
靴磨き用クロス
こんなものまであるとは
流石です
使わせていただきます

部屋の鍵
これがとても特徴的でした

sizima様

実際、かっこいいのはかっこいい
ただ
結構大きい上に重量があります
外出時に持ち歩くには
不便かなと思いました
ただ、その際にはフロントに鍵を預けるシステム
なのでその点は杞憂でした
カードキーだと
どこに行ったか分からない
ということもあるので
この存在感でしたらその可能性はかなり低くなりそう

せっかくの前日呉入りですが
ここでタイムオーバーです
せめてお酒の一杯でも
飲む時間があれば ぐぬぬ

最終日を万全な状態で過ごすため
翌日まで滞在
前日入りはこれが限界でした
無念

お風呂に入り
本日の活動は終了です