【カレー機関】23rd 桜あんパン

カレー機関のお土産パン
23rdは桜あんパンです

一言でいうと
レンチンしたら化けました

まず最初
表記に悩みます

レシート
さくらあんぱん

パンが入った袋のシール
桜あんパン

どちらにするか
ちょっと迷いましたが
シールを優先しました

さて
桜あんパン

KEINI様

2回食べました
共に一晩冷蔵庫で寝かせた状態

1回目
冷蔵庫から出してそのまま
2回目
レンジで少し温めてから

■1回目
上にホワイトチョコがかかっています
温めると溶けちゃうよなーと思いました
仕方ないのでそのままもぐもぐ

うん
まぁ悪くはないかな

ただ
生地
やはりパサパサです
そして
ホワイトチョコ
素手で掴むときには
ちょっと溶けてしまう
さらに
パンを頬張る際にも上唇についてしまう
それが気になりました

結論として
1回食べれば十分
ということで、二度目は
頼まないつもりでした

■2回目
カレー機関
余りが発生
余っているなら
食べましょうか
と消極的でした

食べる際
やはりパンは温めた方がいいかな
チョコは溶けちゃうし
あんを温めるのは
ちょっと……という気がしますが

その為
かなり控えめにレンチン

ホワイトチョコ
レンジから出した直後は
まだ形が残っていました

一口
!!

旨い!

まず生地
1回目で食べたパサパサ感が
全くない
さらに弾力性が出て
食べごたえを十分感じます

懸案のあん
これも全く問題なし

そして
ホワイトチョコ
徐々に溶け始めて
原型を留めていません


その変化
まるで出来たてのスイーツのよう

そう
スイーツ
あんパンがスイーツに昇華した感じでした

これ、作る過程で
こうなることを見越していたのかしら

だとしたら
相当だなーと思いました

1回目は食べるまでに時間を掛けました

2回目
あっという間に食べきりました

個人的に書き残しておきたく
取り上げました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です