【C2機関】艦これ11周年記念ポストまとめ(2024年)

艦これ11周年記念ポスト

確認次第、このページに随時追加かも
関係各社/者様に絞ります

ほづか女史

藤川女史

赤坂ゆづ女史

drew女史

アキラ女史

しずまよしのり様

島風から10年経過して尚
ドラム
という凄まじい艦娘をデザインしていただき
ありがとうございます!!

岩橋由佳様

井料愛良様
https://twitter.com/Aira_Iryo/status/1783810398527091047

よしださくら様
https://twitter.com/sakura_gt1228/status/1783122030424211920

白城なお(しらきなお)様
https://twitter.com/shiroshironao/status/1783025737563578614

島津冴子公認FC Blue Moon様
https://twitter.com/Saeko_BlueMoon/status/1783035055444746278

早坂 梢様
https://twitter.com/kozuehayasaka/status/1783032233043104082

上坂すみれ_official様

半澤 楓様

麻倉ひな子様
https://twitter.com/RiotBunny_/status/1782963501717405831

長谷川晴奈様
https://twitter.com/hasegawa_haruna/status/1783004839326413089

舞鶴赤れんがパーク(公式)様

洲崎綾様

内田 秀 ㅣShu Uchida様
https://twitter.com/uchida_shu0524/status/1782922708986249602

上坂すみれ_official様

小林元子様
https://twitter.com/kobayashimotoko/status/1782777922346209401

浅見春那(あさみ はるな)様
https://twitter.com/asami_haru_/status/1782780728687951942

高尾奏音様
https://twitter.com/Kanon_Takao/status/1782774463660167417

ブリドカットセーラ恵美様

https://twitter.com/SarahBridcutt/status/1782768229620105678

森山由梨佳様
https://twitter.com/moriyuri_11/status/1782707213775351998

首藤志奈様
https://twitter.com/shutoyuki_1219/status/1782714109865418874

味里様

古川 未央那様
https://twitter.com/_amahina_/status/1782650541048480151

橋本ちなみ様
https://twitter.com/chinami_hsmt/status/1782540079740940750

藤田咲(本人)様

野水伊織様

飯田ヒカル様
https://twitter.com/Iida_Hikaru_828/status/1782757184113361057

大坪由佳様

株式会社五島軒【公式】様

赤池紗也加様
https://twitter.com/sawakatinka56/status/1782617730769911964

くぼたまりん様
https://twitter.com/drumarin/status/1782692073382318111

あかりんご様
https://twitter.com/akaringobass/status/1782723054134808820

無良 崇人様
https://twitter.com/takahito3211/status/1782625570045718761

クレイトンベイホテル【公式】様

【感想】【2023/10/1(日) 二日目】C2機関舞鶴遠征「艦これ」公式コラボ【OPERATION MAIZURU EXPEDITION 2023】

個人の感想がメインです
また
イベントから日数が経っている上
メモを頼りに書いています
何卒ご容赦くださいませ

日毎にページを分けます

このページは
2023/10/1(日)について書きます

■ざっくりまとめ

ライブ前段後段
および
艦娘音頭大会に参加しました

■舞鶴
天候 晴れ時々曇り
最高気温 26.3度


7時過ぎに起床

うーん
熟睡できない
旅の悩みです

窓の外
結構雲が張っています

青空は殆ど見えません

ただ
厚い雲というわけではなく
これなら
雨の心配はなさそうな予感です

そして
向こう側の山々に煙る雲

この景色
平坦な場所に住んでいる私としては
憧れます

7時半ごろ
朝食

1Fへ降ります

アクアマリン
そこそこお客さんがいたかな
ちょっと記憶が曖昧です

バイキング
昨日で大体の感じを掴みました

とはいえ
大体、自分の好きなものに
収束してしまうんですよね

今回は
厚焼き玉子・温泉卵・スクランブルエッグと
卵づくしになってしまいました
た、たべry

窓外を見ます
うおっ

部屋から見た煙る雲
こんな下の方でも見れるのか
驚きです
雲というか霧なのかな?

食後のデザート
パン・フルーツをコーヒーで堪能します

8時すぎ
一日の栄養補給が完了
ご馳走様でした

帰り支度で
結構時間が取られます
旅はこれが面倒ですね

そして
出る前に
3Fでドリンクを1本買っておきました
多分現地で買えるでしょうが
念のため

この一本が命綱になるとは

9時前
チェックアウト
お世話になりました

チェックアウト後も
荷物を預かってくれる?ようですが
西舞鶴に寄っている時間はありません
というより
もう一泊できればなぁ……

致し方ありません

昨日同様
西舞鶴駅前からバスで会場に向かいます

おや
昨日ほどの混雑はありません
結構遅めの時間に関わらず
昨日のあの混雑は何だったんだろう

いや違うか
もう皆さん
会場入りしているのか

北吸係留所
バスの車窓から
DE-232せんだいを見ることができました

スタンディパネル
艦艇の直ぐ側に並べられていました
この後、ちょっとした悲劇?が起こるのか

そして
今見返して
ポツポツではありますが
既に人がいます

ほぇー
皆さん熱心ですね

あ、違うか
ここ、スタンプラリーの
チェックポイントになっているのか

9:20頃
舞鶴
赤れんがパークに到着です

この頃になると
雲がだいぶ取れて
青空が広がるようになりました

バスの時刻表を見ます

1723 1753 1815東駅止 土※

1815は土曜日運休
本日10/1(日)は運行しているのかな
とはいえ
個人的にはちょっと怖いです
この話は帰りに

赤れんがパーク
うげー
既に多くの提督で溢れています

後のライブのことを考えると
どこにも並ぶ余裕はないと判断しました

サカナテラスの方へ
テーブル&椅子は全部埋まっていました

WILLERバス
ここでも長蛇の列です

ま、来るのが遅すぎましたね

音頭会場
テントや機材はそのまま
人もぽつぽつといるだけです

艦娘スタンディパネル
私服由良さん

もう一度
赤れんがパーク入口に戻ってきました

テント

おや?
スタンプラリーシートや法被
物販とは別のテントのようです
10人も並んでいません

チャンス!

法被ゲットしました
よかったー

対面の5号棟を覗いてみます

うげぇ
長い赤レンガ倉庫一杯に列ができています
MAX入っているわけではないですが
何時買えるか見当もつかない

ほうぼうの体で退散します

直接見ていないので
なんともですが、ここで
ネタが生まれたようです

あ艦これ様
【艦これ】新しい機関が誕生してるんだが
http://akankore.doorblog.jp/archives/57874930.html

> 577: 名無しさん 23/10/01(日) 09:57:36 ID:EN.j2.L1
> >>556
> EXCELで下へ引きずってコピーしたんかw

もつてい様

> なんかC4とかC10とか新しい機関が誕生してるんだが

なんというか
C2機関大型リアイベでの物販
毎回必ず何らかの事が起こっているんですよね

C4とかC10とか
ちょっとチェックすれば
防げるのでは
と思ってしまいます

戻ります

手荷物
ホテルで預けておらず
また
コインロッカーを利用していません

移動すらしんどい量
というわけではありませんが、
出来れば減らしておきたいところです

そんな折

2号棟(舞鶴市政記念館) – 舞鶴赤れんがパーク
https://akarenga-park.com/facility/facility_02/

体育館のようなところ
入り口
「手荷物受付」でしたっけね?
紙が貼ってありました

これですかね
リンク先は貼りません
書いている時点で
ページが削除されているようですので

これ
何故意識になかったかというと
恐らく、速攻で埋まって
利用できない可能性があるのでは
と思ったからです

であれば
当初の利用計画に含めないほうが良さそう

あまり期待せず
体育館のようなに入っていきます

まだ空きがあるようです

やったー!!
すぐさま
これから臨むライブに不必要なものを預けます

・料金不要
・出し入れ自由
・預けるときに札をもらい、受け取り時に札を出す
というシステムです

何より
出し入れ自由
というのが助かります

というのも
この後、赤れんがパークのお土産やさんで
紙袋を調達→荷物差し替えを行えたからです

このシステム
6月の佐世保本遠征での
くっけん広場のことを思い出しました

係員の方には
感謝することしきりです

しかもこの体育館のような場所
椅子が両壁沿いに並べられています
お座りOK
さらに冷房も効いています

何から何まで有り難い
一時ではありますが
涼を得ることができました
ありがとうございました!

9:52頃
どこかのテントから
艦これ団子コラボ終了
団子自体はあります
という声を聞きました

9:59
手荷物預かり満杯のアナウンスがありました
アブナイ

11時前

C2機関舞鶴遠征「艦これ」公式コラボ【Operation MAIZURU Expedition 2023】 MAIZURU 1MYB Special Live 2023 -C2機関“1MYB”特別ライブin MAIZURU– イープラス
https://eplus.jp/sf/word/0000161058

> 前段公演:10月1日(日) 会場基地入場特設専用バス 11:00発/開演 12:00(予定)

私が並んだ頃は
駐車場は遥か先

これ、大丈夫なのかな?
ちょっとだけ不安に思います

その後
列は進み

11時位に駐車場に入り
その5分後くらいにバスに乗りました

次から次へとバスがきて
提督たちを乗せていきます

このピストン輸送
すごかったです

> 料金 8,800円(税込)
> ※スタンディング(整理番号付)
> ※会場基地入場/退場用専用特設パス利用料金含む

料金に含まれているとは言え
色んなバスがひっきりなしに入ってきます

どれだけ
手配したのだろう
お金大丈夫だったのかな?
といらぬ心配をしてしまいました

バス
実際の乗車時間
10分ほどでしたでしょうか

途上
坂道
大きな団地風の建物
ここに、自衛隊関係者の方が住んでいるのかな
などと考えました

舞鶴航空基地
到着です

海上自衛隊 第23航空隊 公式ウェブサイト
https://mod.go.jp/msdf/tateyama/hs23/

降り立った感想

建築物

フリートウィーク等でよく訪れる
横須賀地方隊
その建物と似ている
と思いました

人波にあわせて進みます

右手に
体育館のような建物
その左側に整列
のようです

整理番号順かな

私の番号
800番代です

これは
後ろから数えたほうが圧倒的に早い

列整理
これが中々でした

一列に並んでいるのですが
それがどの番号なのか
全くわからない

さらに
スタッフさんが全くいません
ほったらかし状態

状況を察した提督たちによって
声掛けが始まりました

「マルマル番台はここでーす!」
「マルマルは最後の方ですよー!」

まるでコミケ会場です
となれば
勝手知ったる何とやら
私も列整理のために
声を出し始めました

100の桁で列形成
さらに
10の桁で前後の提督と番号を合わせます

人が増える度に
列が動きます

「前が狭いので少し後ろに下がってくださーい!」
なんというコミケ感

ただしコミケスタッフ無しです

やがて
何とか落ち着いてきた感じです

体育館のような設備

その先に
艦娘遊撃隊がいます
お出迎えをしているようです
早くお会いしたい


800番台の入場
まだまだ先です

待機列中
幾人の方と話をしました

高知から車で参戦の提督
夜勤明け?でしたっけね
すごい

時雨嫁の提督
シール交換のため、
提督たちに声をかけていました
手持ちのシールと交換しました

提督シャツ着用の提督
胸元ポケットに
緑の飛行機っぽい刺繍
もしや瑞雲?と思い
お声がけをしたら
やはりそうでした

「三越」コラボ 瑞雲オーダーシャツですかね

そちらの提督曰く
こういうときにしか着る機会がない
と仰っていましたっけね
わかるわかるー

そんなこんなで
ようやく800番台も入場することになりました

前の方に来てわかりました
青いプラスチックの柵
そこに、番号の印刷された紙が
貼ってありました
これでは後ろの方は分からないですね

11:47頃
入場
艦娘遊撃隊

影も形もありません

> 開演 12:00(予定)
ですので、準備に入ったのでしょうか

悲しい

さて
会場

800番台入場
前の方はぎっしり埋まっています

諦観

後方彼氏面ヌ級ならぬ
後方彼氏面で参戦です

> 基地エプロンに展開した【60】・艦娘遊撃隊の撮影はOKです!
> 海上自衛隊の舞鶴航空基地、第23航空隊の雄姿をぜひ!

ということですので
展開された哨戒機「SH-60K」を撮影
2台ありました

舞鶴地方総監部【公式】様
https://twitter.com/JMSDF_mrh/status/1722886813889528236

これですね

その2台の間に
旗が2流
風にはためいていました

海上自衛隊 第23航空隊 公式ウェブサイト
About US
https://www.mod.go.jp/msdf/tateyama/hs23/about.html

旗の中央に部隊章
それぞれ角の四隅に文字があります

天下無双
融和団結

部隊章

> Squadron Mark スコードロンマーク(部隊章)について
>  舞鶴の由来である田辺城:別名「舞鶴(ぶかく)城」から、鶴を第23航空隊の「23」の文字をモチーフとし、背景は、京都・舞鶴らしさを表現しました。

スコードロンマーク
っていうのか

ガンビア・ベイの台詞
「Squadron, attack!」
を思い出しました

会場についてもうちょっと書きます

広い
格納庫でしたっけ
そりゃそうですよね
上も高いです

★そして
あくまで今回のライブ会場として
見た場合
私にとって
素晴らしい会場です

なにより
後ろが広い
前の方はギュウギュウですが
後ろの広さ
そして開放感
これがたまらないです

さらに
吹き抜ける風も心地よい


ステージである前方から
半円筒形
その為、周りに拡散することなく
後ろでも十分聞こえます

のびのび
ライブを楽しむことができました

そして
そのことは
艦娘音頭を踊る際にも
生きてきます

周りの人との距離感を気にせず
踊れる
やはりこうでなくては

全く同じ場所でのライブは
もう望めないでしょうが、
できればこういった
広い野外でやってほしいなぁと思いました

前段後段含めての
ライブのみの感想は
こちらに書きました

前段終了後
原っぱというか
ぽっかり 何もないスペースで
待機です

まわり
仮設トイレのみ

恐れていたことが
現実になってしまいました

水分補給です
自衛隊基地内ということで
コンビニや自販機があるとは思えず
10月に入ったとはいえ
まだまだ暑いです
先程のライブで加熱した状況ではなおさらです
法被を着ると余計に

会場での水分補給
最悪出来ない
と想定して
1本だけペットボトルを
ホテルで購入しました
最終的に
これが命綱でした

ある程度、ライブ会場を考えれば
推測できるとは言え
水分補給については
C2機関側から注意喚起をして欲しかったです

後段開始まで
出すものも出しておかねば
仮設トイレも長蛇の列
並ぶしか無い

天候
どんよりとした雲が
空を覆っています
これでピーカンだったら
間違いなく干上がっていました
天候にも恵まれました

後段待機列
前段と同じような感じで並ばされます
相変わらずスタッフさんゼロ

前段で慣れたのでその点は気にならなかったかな

やがて
入場

艦娘遊撃隊のお出迎えはありませんでした

後ろの方での参加です


どのタイミングだったか

田中謙介プロデューサー
格納庫内を歩いていました

思わず目で追いました
その後
私から会釈
すると
移動中にも関わらず
会釈を返してくれました

後段終了後
バスに乗って
赤れんがパークに戻ります

バス乗車の際
ところによっては
自衛隊員の方や
上坂すみれ御本人のお見送りもあったらしい?です

いいなぁ……

帰りのバス
補助席も活用して
フル搭載です
行きは補助席使用はなかったです

16:30ごろ
赤れんがパークに戻ってきました

前段後段ライブ通して
立ちっぱ
腰が痛いです


赤れんが4号棟
明石さんと大淀さんが歩いています

だぁー!
ニアミス

お二人の後ろ姿しか
撮れませんでした

さて
お腹が空きました
朝ごはんから何も食べていません

更に言えば
後1時間で艦娘音頭が始まってしまいます

なんとしても
何でも良いから
食べておかなくては

そのまま
サカナテラスへ向かいます

サカナテラス – 舞鶴赤れんがパーク
https://akarenga-park.com/facility/sakanaterrace/

お魚メイン
舞鶴の魚を堪能していない私としては
ラストチャンスです

店頭
揚げ物が販売されていました

それを
小学生くらいの女の子が
接客していました

お店の子供さんなのかな?

ひっきりなしに提督が来るので
見ていてとても大変そうでした

やめておくことにしました

再び
赤れんがパークに戻ろうとした刹那

艦娘遊撃隊
神通さんと比叡さんにお会いできました


神通さん、比叡さんすみません!
お写真よろしいでしょうか?

OKいただきました
お二人共にパシャリ

比叡さん
これが最後の出会いでした
本当にありがとうございました

……
ちょっと画面がにじみそうになります

続けます

フード類
一通り見て回ります

それと同時に
水分補給もしたい

しかしながら
赤れんがパーク
自販機があんまりない

これはマズい
ほうぼうを歩きますがありません

まずいまずい
時間がどんどんなくなっていきます

どこかないか
たどり着いた場所

舞鶴東体育館の施設概要 | 舞鶴市 公式ホームページ
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/kyouiku/0000005730.html

自販機
ありました!

お茶やお水
当然売り切れ
自販機脇の空き缶・ペットボトル入れ
溢れかえっています
やむを得ない
甘いジュースを買うしかありませんでした

なんとか
水分は確保
あとは飯

フードテント
店じまいを始める&既に畳んでいるところが大半

ヤバい
こうなったら
空いているところに並ぶしか無い

無水カレーのお店
ここだ!

なんだっけな、
中辛かな?
鍋にある分しか無い
もうそろそろ無くなります
としきりにアナウンスされていました

私の番
で最後だったかな?
中辛を注文します

カレー皿を持ったまま
座れる場所を探します

どこでもいい
赤れんが2号棟横の
椅子とテーブル

空いている1席
滑り込みで確保

無水カレー
初めて食べました
うまい

ただ
時間もない上に
結構風もあって
トレーがひっくり返らないか
心配でした

その為
かっこむように食べます
次回はもっと味わって食べます

そういえば
行きの京都で購入した
肉じゃがコロッケバーガーがありました
忘れていました

バッグから取り出します
賞味期限10/1
今日だ

ここで食べてしまえ

食べます

……

これについては、味うんぬんより
ともかく水分がもっていかれます
ライブ後段で上坂すみれが
苦戦していた意味
身をもって分かりました

ご飯終了
全然消化しきれていませんが
音頭会場に向かわなくては

時刻
17時すぎ

その前にトイレです

赤れんがパークのトイレを利用します


入り口に立て看板
本日の営業は終了しました

はぇ!?
まだ17時ですけど

17時で閉まるらしいです

トイレだけでも……
と係員さんにご相談

申し訳ございません
本日の営業は終了しました

ですよねぇ

うげーどうしよう
ここに来てまさかのトイレ難民

どこかないか
最悪、駐車場のトイレを利用すればよいのですが
焦って何故か頭から抜けていました

ん?
まてよ
体育館

そうだ!
そこのトイレを使わせてもらおう

ということで
再び東体育館へ向かいます

こちらは
利用可能のようです
ヨカッタ

ここがなかったら
水分問題で詰んでいたかもしれません
ありがとうございました!

17:20前
音頭会場
多くの人が集まっています

前の方は無理でした

音頭開始
前の方では
艦娘遊撃隊
朝雲さん&山雲さんによる
インラインスケート披露があったようです

私の位置からは見えませんでした

感想は
こちらにまとめてあります

さて
時刻
18:00

断腸の思いで会場を離脱しました
べっち
思い白いんですけど
話長いんだよなぁ
もうちょい早く離脱するつもりでしたが
出来ればギリギリまで会場にいたかった
もしかしたら18時で終わるかも?
と淡い期待を抱きました
しかしながら

ここから東舞鶴駅まで行きます
バスも行ってしまいました
徒歩です


ビミョーに分かっていません
そこはグーグルマップ先生に頼りつつ

ちょっとだけ迷いましたが
国道27号線に出ました
後は大丈夫

まわり
提督が二人ほど
同じように歩いています
内、一人はカートを引いています
これは東舞鶴駅に向かうな
道について勝ち確です

付いていきます

八雲通りを川に沿って進みます

18:12頃
太陽は沈んでいます
最後の光も雲によって遮られ
当に夜の帳が降りようとしています

ダイハツの看板が煌々と輝いていました

八雲通りと千代田通り
その間に流れている

その名前が分からず

途中
ローソンの看板を視界に収めつつ

18:22
東舞鶴駅到着です

結果的に見れば
音頭終わりまで
滞在できたのかもしれません

ただ
それはあくまで机上の計算
前段後段ライブで立ちっぱの私には
終わって即ダッシュする
体力および気力は
残っておりませんでした

券売機
よくわからん
考える頭がもう残っていません
窓口で直接切符を買います
特急料金はネットで支払い済です

駅構内

海軍舞鶴鎮守府開庁120周年
MAIZURU
ようこそ
Welcome
の看板
その文字の下には
制服酒匂

由良改二のポスターがありました

ゴミ箱の上
今回の舞鶴遠征のポスターも展示されていました

18:36発
特急まいづる14号
京都行き

ホームには
既に列車が停車中です

車内
提督と思われる方が大勢います

自分の席につきます
法被を脱ぐ際
見ず知らずのお近く提督に
聞いてしまいました
「服に法被の色が付いたりしていませんか?」

これ
今年6月の佐世保本遠征時
ずっと法被を着ていました
ホテルに戻って法被を脱いだら
見事に色移りしていました

その経験からです

ぱっと見、大丈夫そうではありましたが
背中は分からなかったので
この際、お近く提督の力を借りてしまいました

大丈夫ですよ
とのご返答
突然で申し訳ございません
ありがとうございました!

一安心です

その後
私の隣に
提督が駆け込んできました

息が上がっています

お話しました
艦娘音頭、ラストまでいたそうです
その後
ダッシュでここまできた、と

いいなぁ
私も若ければチャレンジしたかも

それはお疲れさまでしたね
とお伝えしました

後は時間通りに京都着→新幹線で戻ってきました

一つだけ
ちょっとした出来ことがありました

京都駅
新幹線乗車
私の予約した座席番号
人がいます

あれっ
番号違ったかな

私の予約した座席番号を見返しても
やっぱり人が座っています

意を決して
あの……すみません
座席番号合っていますか?と聞いてみます

20代男性
そんなはずはという表情
見直してみると
違っていました
一つ列が違っていたようです

すみません
ということで
荷物を本来の座席番号に移動しはじめました

最後にこういうこともあるのだなぁ
と思いつつ着席

その方
新大阪駅から?乗車したのか
出来立ての肉まんを座席に広げていました

その残香
座席に漂っています

悲しい気持ちになりました

何に対して悲しい気持ちになったのか?

それは
その肉まんの香りをかいで
食べたいと思わなくなったことを
です

昔だったら
お腹すいただろうなぁと

今では
一刻も早く帰りたい
で一杯でした

変な感じの終わりになってしまいましたが
無事帰宅の後
これを書いて就寝しました

【感想】【2023/9/30(土) 一日目】C2機関舞鶴遠征「艦これ」公式コラボ【OPERATION MAIZURU EXPEDITION 2023】

個人の感想がメインです
また
イベントから日数が経っている上
メモを頼りに書いています
何卒ご容赦くださいませ

日毎にページを分けます

このページは
2023/9/30(土)について書きます

■ざっくりまとめ

赤れんがパークへ行き
北吸係留所から海軍記念館・第四術科学校を見学
夕方 艦娘音頭大会に参加しました

■舞鶴
晴れ~
夜 雨

気温
最高32.2度

起床
7時前

夜中
熟睡できず
何度も目を覚ましてしまいました

週末金曜日
一週間の疲れが溜まっている上に
退社後直行したにもかかわらず

うーむ
枕が変わると眠れない
というのと
寝る時の服装を間違えたかもしれません
要するに、薄着し過ぎたかも


目覚めは
かなりどんよりとしたものでした

お外
青い空が広がっています
良かった
天候は問題なさそうです

その代わり
残暑を十分に感じられる恐れも

朝食を食べることにします

身支度を整え
1Fへ向かいます

【公式】舞鶴グランドホテル|朝食
https://www.mghotel.co.jp/breakfast/

料金1,100円となっています
今回は朝食付きプランでしたので
追加料金は発生せず

利用者
3~4人くらいかな?
静かでした

ビュッフェ形式です
ざっくり
和食がメインです

朝は
ご飯に味噌汁スタイルの
私にとって
嬉しいものです

普段は食べないお豆もチョイス

デザートにフルーツ
コーヒーもいただきます

静かに朝食を取る

いつもの
あわただしく掻っ込む食事とは違い
落ち着くものでした

十分堪能したのち
係りの方に
ご馳走様でした
とお礼を述べて退出しました

時刻は
8時過ぎ

部屋に戻って出撃の準備
の前に

9Fへ向かいます

【公式】舞鶴グランドホテル|レストラン スカイレストラン「ブルースカイ」
https://www.mghotel.co.jp/restaurant/restaurant2.php

本日の夕食
全くのノープランです

その中で
ホテルのレストラン
候補の一つでした

事前に下見をしておこうと
9Fに到着

入口は閉まっていました
ここからでは
中の様子は確認できないかな

HPのお値段を見ると
相当なものです

ただ

HP記載の

> 最上階からの眺めと、優雅なお食事のひとときをお楽しみいただけるスカイレストラン

「最上階からの眺め」
これが気になっていました

折角ならこの機会を
逃す手はないのでは

ここから飲むお酒
さぞかし格別のはず

ということを考えつつ
部屋に戻りました

なんだかんだで
9時半過ぎ

うひー出遅れました

まず向かった先

西舞鶴駅前案内所です

「艦これ」×「かまぼこ手形」で舞鶴を巡ろう!
https://maizuru-kanko.net/kankama/

京都交通株式会社:information:舞鶴かまぼこ手形
https://www.kyotokotsu.jp/information/newkamaboko.html

こちらのかまぼこ手形の
入手の為です

東舞鶴に向かうには
電車かバス

電車だと一駅ですが、
駅から赤れんがパークまで
かなり歩きます

バスなら
赤れんがパークへ直行できます

正直、かまぼこ手形=バス乗り放題チケットは
不要かと思いましたが
折角の記念なので
購入することにします

JR西舞鶴駅前にある日本一小さな博物館「かまぼこ知ろう館」
http://maizuru-k.com/siroukan/info/info.php

案内所と併設?されているのかな

ただ
入り口横の扉
装飾がかなり剥がれていて
見るも無残な姿でした

色々悲しくなりました

気を取り直して
かまぼこ手形
窓口の下に
今回のコラボ手形について記載があります
お一人様1セット
現金のみ
2,000円

数人並んでいましたので
最後尾に付きます

すぐ横
バス待ちの人用に
椅子が設置されています

年配の方が
結構座っていたかなあ
凝視するのも何なので
あくまで記憶ベースです

いざ購入
コラボ手形を1枚ください
→2,000円です
財布を取り出します

……

あれ?

財布がありません

一瞬
真っ青になりました

まさか
どこかで落としたか??

いや
まてよ
そういえば
ホテルの部屋に
忘れてきたかも

受付の方に
すみません……財布を忘れてしまいました
取りに行ってきます
と正直に告げます

受付の方
ちょっと笑ったように
→分かりました

私が購入する予定の手形を
キープするような動きをしました

これ
購入時に
今日の日付を入れているからだと思いました
路線バス一日乗り放題券ですし

あわててホテルの部屋に向かいます
ありました
やはり持ってくるのを忘れたようです

まず
財布があったことに安堵しつつ
肝心の財布を忘れてくるとは
猛省です

7分ぐらいで戻ってきます
先ほどより長い列が出来ていました

並びます

私の番になりました
受付の方に
すみません!先ほど財布を忘れたものです

受付の方
→ああ、どうぞ

先程キープされていた手形です

無事購入です

かまぼこ手形
浴衣由良さんが印字されています
かまぼこの板の質感も良いですね

これに
でかい缶バッチが付いています
単純に缶バッチが1,000円かな

バス乗り場に向かいます

西舞鶴駅 9:55発
9:50ごろかな
多くの提督さんが乗車しようと列が出来ています

これは乗り切れるのか?

幸い
まだ少ないタイミングで並んでいたので
座る事が出来ました

バスが出発します
途中
地元の方も乗ってきます
ギュウギュウです

地元の方
「何でこんなに混んでるの??」
という声が聞こえてきます
申し訳ないです……

途中
バス停
五老ヶ岳公園口だっけな?
提督と思われる方が一人
下車しました

社内がちょっとどよめきました
何故このタイミングでここで降りるのか
その真意は分からずじまいです

バス停
中舞鶴を過ぎて
10:22頃

左側
海上自衛隊と思われる
艦艇群が見えてきました

うおおおおお
舞鶴でのこの眺めは初めてです
否が応でもテンションが上ります

10:30頃
バス停
市役所前に到着しました

海の京都
舞鶴赤れんがパーク
という看板を見ます

懐かしい
実に4年ぶりです
その時は真冬でした
今は
青空のもと、暑いくらいです

感傷に浸るまもなく
メイン会場?に移動します

車止め?でいいんですかね
歩道の真ん中にある銀色の柵
その上に
同じく銀色の鳥
4羽いました

舞鶴赤れんがパーク
来ました

空の青
赤レンガの赤
芝生の青
色とりどり

そして人
やっぱり
すごい人出です
駐車場も車がびっしり

#MAIZURU
のモニュメントでパシャリ

ちなみに
この20分ほど前に
艦娘遊撃隊の方が来られたみたいです

このことを知ったのは
イベントが終わった後です
何も言えない

戻ります

メイン?のテント
オフィシャルコラボタンブラー
榛名
由良
吹雪
「本日分、全員お嫁に行きました
ありがとうございます!!
明日もよろしくお願いします」
の手描き紙が貼ってあります

別のテント

公式コラボ
プリントパーカー
7,920-

艦これ
島風
舞鶴赤れんがパーク
限定販売

の案内が出ていました
流石に
これの完売はなかったかな

フードテントを見ます

どこも長蛇の列

ここで並んだとして何時買えるのか?が
全く読めない

うむむむ
とりあえず
トイレに向かいます

赤れんが2号棟

2号棟(舞鶴市政記念館) – 舞鶴赤れんがパーク
https://akarenga-park.com/facility/facility_02/

艦娘スタンディパネル
浴衣秋月です

カフェっぽいところ
海軍カレーの旗があります

席はまだ空きがある模様
ですが
全然お腹は空いていません

多くの提督さんが
立ち過ぎていきました

3号棟(まいづる智恵蔵) – 舞鶴赤れんがパーク
https://akarenga-park.com/facility/facility_03/

入り口の直上
祝 日本遺産認定の文字があります

そして
入り口入ってすぐ
台の上
アニメツーリズムの
「アニメ聖地88認定プレート」もあります

その下
良う来ちゃったなぁ提督さん
のポスターも

赤レンガショップ
ここも大勢の提督さんがいます

狭い通路
行き来も一苦労です

限定グッズ
まだ在庫はあるようです

外に出ます
太陽が眩しい

眼の前
赤レンガ倉庫5号棟の側面
ずらーっと長蛇の列

横目には
フードテントがあります

護衛艦ひゅうがのカレーかな?
ちょっと写真だと見切れていて
分かりません

ホルモンうどんのテントも
暑い中での鉄板焼き
これまた暑そう

提督さんの着用しているTシャツ

十周年Tシャツ
鰻祭りTシャツ
2023佐世保時雨Tシャツ
法被もろもろ
こう、ダブりが少ないのが
すごいところです

5号棟(赤れんがイベントホール) – 舞鶴赤れんがパーク
https://akarenga-park.com/facility/facility_05/

5号棟の館外側面
文字通り長蛇の列です
横4~5人で並んでいるのかな?
しかも
端まで行っても終りが見えません

5号棟入り口から
ちょっとだけ中を見せてもらいます
人、人、人
すぐ退散しました

港側に行きます

芝生広場 – 舞鶴赤れんがパーク
https://akarenga-park.com/facility/facility_06/

知らないお店?ができていました
サカナテラス
その時は外観を写真に収めるだけでした

ここにも飲食のテントがあります
マイヅルプリンの文字が

椅子とテーブル
ちょこちょこ空いています
まぁ、イベントは始まったばかり
恐らく
多くの方はスタンプラリーに勤しんでいるはず

遊覧船のりばの方に向かいます

WILLERさんの赤い2階建てのバスがあります
車体側面にポスターが貼ってあります

いずれも描き下ろし
敷波
ネヴァダ

吹雪
由良
フレイこと伊201

バス横には
艦娘スタンディパネル

フレイこと伊201

フレイはポスターと同じ絵柄

何と言っても漣

高村旅輔様
https://twitter.com/tabizo03/status/1708341987508986046

目を見張る
とはよく言ったもの

傑作

🌞🐰黒雛🦀🐠様
https://twitter.com/kurohina_66_s/status/1708362148655796576

愛に溢れています

さて
この赤いバス
飲食スペースです
二階では
食べている提督が見えます
サンルーフも開放されている模様

爽快感が凄い!絶景×食事を楽しむ日本初のレストランバスに注目 – 女子旅プレス
https://travel.mdpr.jp/travel/detail/1585650

実際のイメージは
上記HPの写真に近いかな
と思います

ここでも
ちょっと食べるのは早いかな
ということで
再び、赤れんがパークに戻ります

再び芝生広場
さきほどよりは
椅子とテーブルを利用されている提督が増えました

さて
どうしようかな

この日の行動予定
当日の気分に任せることにします

セオリー通りなら
スタンプラリーシートを手に入れて
ラリー開始

ただ
この時点で
スタンプラリーシートが
どこで販売しているのか
知りません

判明したとしても
恐らく長蛇の列

まぁいいかぁ
と適当精神が発動します

そういえば
来る途中のバスからの光景
が思い出されます

なんとなく
港に沿って歩き始めます

此処から先
何があるか分かっていません

ま、いいか

岸側に
個人所有?っぽいボートが何艘かあります
その先
対岸に何かの施設も見えます

ほー
そういえば、対岸もなにかあるか
分かっていません
更にその左先
大きな橋があります

改めて
舞鶴について
何にも分かっていないなぁ
とのんきなことを考えながら
歩いていきます

私の他に
歩いている人はいません

そして
行き止まり?のように見えます
赤いコーンがいくつかおいてあります

ただ
歩く分には進めそう

行けるところまで行ってみます

やがて

舞鶴
赤れんがパーク
専用駐車場
にたどり着きました

多くの車が止まっています

駐車場出口

「護衛艦しらね」主錨
ヘリコプター搭載護衛艦
がありました

デカい

すぐ横
赤れんがパークの入り口です

長蛇の列
赤レンガ倉庫を
取り囲むように伸びています

終わりが見えません

赤れんがパークを後にします

「海上自衛隊
舞鶴造修補給所
MAIDURU REPAIR SUPPLY FACILTY
J M S D F」

背景がブルーの看板を見つけます

造修補給所
の意味がちょっと掴みづらいかな
ただ
英語を見ればその意味が理解できます

道路対面

マリンボウル
とある大きな施設があります

外観の廃れ具合から
閉館してしまったんだろうなぁ
と思いました

舞鶴で唯一のボウリング場 | 舞鶴マリンボウル
https://marine300.info/

舞鶴マリンボウル様

営業中だったとは
申し訳ございません……!

しかも
上記ある通り、
舞鶴イベントについての発信もありました

駐車場
特に舞鶴は車で来ると便利
駐車場が埋まってしまっては一大事
ありがとうございます!

進みます
国道27号線

右側に赤レンガの建物
金網があり、そこに写真パネルが
展示されています

この眺めが結構独特と言いますか
妙に記憶に残っています

写真を取っておけば良かったグギギ


いや、違うな
意外と人通りがパラパラありました

道幅
そんなに広くはなく
横二人通れる感じです

その為
邪魔にならないように
なるべく早めに移動するようにしたのでした

赤レンガの建物を抜けると
樹木生い茂る景色
圧迫感が増します

底を抜けてすぐ

「海上自衛隊 北吸係留所」
の門があります

海上自衛隊
舞鶴地方隊
見学可能日【北吸桟橋】
https://www.mod.go.jp/msdf/maizuru/kengaku/sanbashi.html

舞鶴地方総監部【公式】様

というわけで
見学させていただきます

門をくぐり
まず左側の売店に向かおうとします

受付の方より
→まず受付をお願いします
と引き止められます

これは失礼しました

なんでしたっけね
バッグの中身を確認→見学証を渡される
だったと思います

見学証
<お帰りの際は返却をお願いします>
舞鶴地方総監部管理部長

左上に
ナンバーがスタンプされています
100は越えていました

係留されている護衛艦
DE-232 せんだい
周りの提督
恐らく10人もいません
写真撮り放題です

立て看板があります

総監部地区内
委託食堂
「水穂(みずほ)」
営業中
○営業時間
1000-1700
○メニュー
ワンプレート海軍カレー
1,100円

これ
当時は写真を撮って終わり
でしたが、
今見るとかなり豪勢です

カレー ライス
揚げ物3種
マヨネーズサラダ
漬物
魚の煮付け?
イカ刺し身
厚焼き玉子 錨の焼印あり
スープ

これで1,100円
やっす

あの時見返していればなぁ
旅のあるあるです

DE-232 せんだい
頭から
後ろから
存分に撮りました

艦娘スタンディパネルもあります
愛宕
妙高
川内
日向
この4隻は
艦娘の絵柄の右下にそれぞれ
ひらがなで艦名が書かれています

舞鶴基地業務隊キッチンカーについて
という張り紙もありました

ドリンクを買わせていただきました

ふゆづき DD-118
のスタンディも

お冬さん
麗しい

艦娘スタンディパネル
描き下ろし敷波もありました
スタンプラリー
チェックポイントでしたかね

まいちゃんもスタンディパネルもありました

舞鶴地方総監部【公式】様

時期が違いますが
同じラインナップです

徐々に人が増えてきました

出口に向かいます

「見学症のご返却をお願いします
ご来場
ありがとうございました
次回開催も是非お越しください!」
のPOP
夏制服のまいちゃんが敬礼している絵もありました

売店に立ち寄ります
入口の看板
手描きPOPがわんさか
店員さんの熱意が伝わります

その中で

イチオシ!
冬月 帽子
多分みんなねらってる!!
Sサイズのみ残りわずか
¥2,800-

分かっていらっしゃる

売店内
様々な自衛隊グッズが陳列されています

サーモラウンドタンブラー
¥2,200-
実艦艇のシルエットが印字されています
いいなこれ

後ろ髪を引かれつつ
退店します

出る直前

ミサイル護衛艦
「あまつかぜ」主錨
のプレートを見ます

主錨
こちらは白塗りされていました
デカい

門を出ます

門を出た後
入り口対応をされている係員さんにも
ありがとうございましたとお声がけします

そのまま
国道27号線を進みます

右手に船やクレーンを臨みつつ
歩む道

これぞ
艦これリアイベですね

やがて
大きな歩道橋が現れます
その終わり付近
川の向こう側
自衛官募集の垂れ幕

反対側の道
信号のすぐ上に
「海上自衛隊舞鶴地方総監部」
の標識があります

行ってみることにします

向こう側に行きたい
でも
横断歩道がない

これは
歩道橋を使うしかないわけか

歩道橋を登ります
この感覚
呉を思い出します

ただ、呉ほど
急角度ではありません
私にとっては
その方が有り難いです

橋の途中
上空を見ます

天空に太陽
ひつじ雲?のような雲が
周りから覆うように広がっています
良い天気です
その代わりではないですが
暑いです

歩道橋の階段を登りきります
そこまでの高さはないため
全体を見晴かす
という感じではない

DE-232 せんだいの姿も見えます

道の反対側
これ、階段ではないですね
そのまま道路に繋がっています
降りていった先

門の前

標札?というんでしょうか
複数掛かっています

海上自衛隊 第四術科学校
近畿中部防衛局 舞鶴防衛事務所
システム通信隊群 舞鶴システム通信帯
舞鶴地方警備隊本部
海軍記念館

この場所の重要性が伺えます

門の右側

海上自衛隊 舞鶴地方総監部の標札
その右側
青々とした芝生の上に

ミサイル護衛艦 DD163
あまつかぜ主錨
があります

あれっ?
あまつかぜの主錨
さっきも見たような

お恥ずかしながら
その当時は気に留めていませんでした

その答え

舞鶴地方総監部【公式】様

> いい風きてる?
> 舞鶴地方総監部の正門前に「あまつかぜ」の主錨を設置しました!是非ご覧下さい!
>
> 主錨1:北吸岸壁
> 主錨2:舞鶴地方総監部
> プロペラ1:横須賀地方総監部
> プロペラ2:横須賀教育隊
>
> 揃えるとドロップ運が上がるとか(3号B)

へぇー
主錨にも1・2があるのですね

それにしても

「いい風きてる?」

脳内で音声が再生されました

門の中に入ります
すぐ右側
受付

の前に

委託食堂
「水穂(みずほ)」
営業中
の立て看板を見ます

~営業時間~
平日 1100-1430
1645-2100(酒類提供あり)
土日 1000-1500

ランチ
結構広めに営業しているのですね
そして
平日夕方からの
(酒類提供あり)
ゴクリ

しかしながら
本日は土曜日
またの機会に

受付
特になにか書くようなことは
なかったと思います
記憶違いでしたらゴメンナサイ

見学証を受け取ります

No.
50よりも前でした

さて
眼の前の坂を登っていきます

登りきった後
左側
外装工事中?
足場があり、建物に布が被さっています

正面
いかにもな学校っぽい作りの建物
右手
芝生が青々と茂っています
眩しい

芝生と道路の境目
砲弾の形をした白いものが
等間隔で並んでいます
流石

まず
左側の建物に入ります

海軍記念館

立派な標札です

見学施設【海軍記念館】
https://www.mod.go.jp/msdf/maizuru/kengaku/kinenkan01.html

教務深い展示物が
一杯ありました

一つ一つ取り上げていると
時間がいくらあっても足りません
割愛します

一つだけ
ということであれば
敢えて

講堂
その壁際の小さな台の上においてある
黒電話
何らかのストーリーを考えてしまいました


そうだ
あと一つ
何かの模型
艦名が分からず

写真から分かっているのは

駆逐艦
日本海海戦では掃討戦で大活躍
将ロジェストヴェンスキー長官を収容

ここまでです

後で記したメモには
しらゆき
と書いてあるのですが
ちょっと自信がないです

で、この模型
主砲と甲板の間に
百円玉が収まっています

これは
3人組だっけな?
提督たちが話しているのを聞いて
教えてもらいました

何故100円がここに?
謎です

退館します
その前に
出入り口の長机の上

舞鶴地方隊ツイッターで
最新情報をGET!
夏制服のまいちゃんが敬礼している絵と
QR
MAIZURU DISTRICT
70th Anniversary
のミニスタンドPOPがありました

C2機関のロゴもあります

お一人様
各1枚のみで
お願いいたします
という吹き出しの
ディフォルメまいちゃんの近くにありました

ポストカード等が入れ物に入っています
ありがたくいただきます

12時前
お昼ですね

そのまま
隣の第四術科学校へ向かいます

入口正面
朝礼台?というのでしょうか
わずか3段ですが階段もあります
小学校時代
校庭での校長先生等のお話を思い出します

第四術科学校の標札
入り口上の方

MARITIME SELF-DEFENCE FORCE
4TH SERVICE SCHOOL
左上 ナプキン?
右上 ナイフ?
左下 鍵
右下 フォークとナイフがクロスしたもの
の丸いロゴ?マークがあります

海上自衛隊第4術科学校HomePage
https://www.mod.go.jp/msdf/fourmss/

本校の紹介
https://www.mod.go.jp/msdf/fourmss/3honkou/3honkou.html

> チームプレーで仕事をしているとはいえ、隊員個人の能力が高くないと任務は達成できません。最新の航空機も艦艇も人が動かしているのです。
>  そこで、各隊員が担当する職種のスキル(熟練した技術)を「術科」と呼び、そのスキルアップのために「術科学校」に入校させ、各職種のエキスパートを育成しています。

職種のスキル(熟練した技術)=「術科」

ほー
術科だけだと
ちょっと意味がつかみにくいですが
そういうことだったのですね

入ってすぐ
受付の方がいます
若い
こちらの学校の生徒さんかな?

見学させていただくことに
お礼を言って
中に入ります

撮影禁止だっけな
写真は撮っていません

その為
記憶のみになります

普段、艦艇や装備品など
表舞台に出てくるものは
よく見ているのですが
こういう裏方の情報はあまり見たことがなく
新鮮でした

中でも2点

・海軍主計少佐 中曽根康弘寄贈の写真

・海軍経理学校第36期
終戦の寄せ書き
「石」

こちらが印象的でした

学校を出ます
学生さんぽい方にすれ違う際に
こんにちは
は忘れずに

改めて
海軍記念館の全貌をパシャリ

後ろ 緑の木々
赤いレンガ
シアンの屋根
堂々とした佇まい
映えますね

見学終了
入り口受付に戻ります

見学証を返還する前

水穂食堂の看板
海軍ワンプレートカレーのみ提供
一二〇〇にバッテンがあり → 一一〇〇
となっています

かなり揺れました
お昼時
1時間近く見学していました
ずっと集中して見学していました
思いの外疲れていました
そして
正直座りたい

ただ
赤れんがパークも気になります
一旦戻るのも手です

うーん
一旦戻る方に気持ちが傾きました

その為
ここを離れることにします

受付の方に見学証を返還
ありがとうございました

門を出た後
左側
バス停があります


むむっ?

バスが見えます
西舞鶴行きかな

何というタイミング

思わず
飛び乗ってしまいました

9月最終日ですが
日差しもあり
かなり暑い
結構体力が減っていて
涼しいところで休みたい
という衝動が湧き上がりました

となると
赤れんがパークの会場では
それは望み薄になるかと思われます

そして
かまぼこ手形を買っていなかったら
恐らく乗っていなかったと思います
フリーパスの魔力

こういうところで
分岐点が発生するとは
いやはや

車内
ガラガラというわけではありませんが
行きの便に比べたら
余裕があります
これくらいが本来の利用率なのかな

12:42頃
西舞鶴駅に到着しました

戻ってしまった以上
ホテルで食べることにします

舞鶴グランドホテル
特製ハンバーガーの看板があります
9/29(金)~10/1(日)
三日間
期間限定とのこと

これ、提督を狙い撃ちにしているような

折角ですが
座って食べたい

カフェレストラン 「アクアマリン」
https://www.mghotel.co.jp/restaurant/restaurant3.php?id=lead

各種御膳、ハンバーグセット、マリン弁当など
和洋いろいろあります

お腹が空いているとは言え
ここで満腹になってしまっては
以降の行動に差し支えます

日替わりランチセット950円にしました

それでも
本日の一品、小鉢、御飯、味噌汁、漬物、フルーツ、コーヒー又は紅茶

満足できそうです

店内
私一人だったかな?
ゆったりとできました

女性店員さん
美人さんでしたが
あまり愛想がよろしくなく
そこは考えてもしょうがないですね

やがて
配膳されます

本日の一品
チキンとキノコとオレンジ
のあんかけ
名前を口頭で聞いただけなので
正式名称は忘れました

オレンジ
その皮ごと料理に使うのは
結構インパクトありますね
マーマーレードより厚みがあります

美味しいランチでした
ご馳走様でした

イベント会場では
まだ戦いが続いていると思いますが
ここは私一人

何も得ることがない代わりに
ゆっくりとした時間を過ごすことが出来ました

13:30頃
1Fロビーの土産物をみます

チョコレート生八ツ橋
DDG175 MYOKOと艦影シルエットがあります
へぇー
このようなものあるとは

護衛艦みょうこう八ツ橋
パリパリのもありました

1Fロビー
ソファーもあります

そうだ
もし可能なら……
ということで

フロントでホテルの人に聞いてみます

グラスの貸出
→OK
1Fロビーでの飲酒
→NG
でした

やはり無理か
夜は、お酒を楽しめるお店を見つけましょうかね

完全にまったりムード
昼食後ということもあり、お腹を休める為に
部屋で過ごした後

16時前
再び赤れんがパークに戻ってきました

バスで移動です
かまぼこ手形
買ってよかったです

空模様
若干雲が暑くなってきました
その時は
日差しがなくなったので
単純に嬉しいものでしたが
既に予兆はあったようです

場内テント
スタンプラリーのスタンプが押されています

用紙も買えるようです

買っておくべきか

ただ
今から回って残りを明日に回すとしても
明日はほぼライブで潰れます

無理をしない方針でいきます

テントでは物販も扱っていました
額に入ったポスター?
三越吹雪
氷祭り島風
今回の書き下ろし吹雪
がありました

艦娘スタンディパネル
白雲浴衣modeも
夕日?朝日?に照らされているのか
オレンジの光が差しています

雲がなければ
夕日が出て、丁度その雰囲気が加速したかも

フードテント
戦のあと
本日はどこも店じまいです

艦娘音頭会場周辺を周遊します

軍港めぐりクルーズの船

艦娘スタンディパネル
朝日

「赤煉瓦の街・舞鶴」発祥の地

ビール醸造工場の外壁の一部
旧・大阪麦酒会社 吹田営業所
明治24年(1891年)竣工
寄贈 アサヒビール株式会社

試製どこでも瑞雲のパネル

その後
一旦会場を出て
道路反対側に出る地下道を通ります
地下道
今回の舞鶴リアイベポスターが展示されています

何故
そちらに行ったのかは
後ほど

再び音頭会場に戻ってきます
16:25頃

時間前にも関わらず
かなりの人がいます
前のほうが無理なので
程々の位置で待機
法被を装着します

16:55頃
艦娘遊撃隊
春雨さん
明石さん
大淀さん
蒼龍さん
神通さん
比叡さん

音頭会場の広間
真ん中を通って櫓に向かいます

途中の階段
先頭の春雨さんが明石さんの手を
明石さんが大淀さんの手を
握りながら
慎重に階段を降りていきました

以下
当時のメモを

——————————————————————
1644頃?
兄貴だれかあの人がステージ前を通り過ぎる

音頭
壇上
最初1MYB

挨拶
無難な感じ

あかりんごさん
無難な感じ

きーちゃん
→初めて音頭の櫓にたった
→探照灯は黄色でー!
もちろん黄色にしました

よしださくらさん
かなり短かった

くぼたまりんさん
こころなしか嬉しそうでした
関西でのリアイベだからかな?

べっち
何も言わずとも緑が多いですね
→ちなみに私のカラーも緑なんですよ?
→…分かってます、自惚れていませんから
べっち相変わらず腰が低い

シークレットゲスト
舞鶴市長
あかりんごよしださくらOUT
明石大淀IN
舞鶴市長
マイク慣れしている

全国からよう来たなぁ(京都弁

海上自衛隊
舞鶴音楽隊

1曲目

何かの行進曲


二水戦の航跡
飛龍の反撃

そして
吹雪
この時
管弦楽器?のみの六重奏

それで終わり
かと思いきや

ラスト
行進曲「軍艦」キターーー!!
——————————————————————

音頭とは直接関係ないのですが
色々な資料や史跡を見てきた中で
行進曲「軍艦」を生で聞けたのは
感無量です

さて、音頭
決して狭い会場ではない
と思うのですが、
参加者が多すぎて
思う存分踊れなかったです
もうちょい広い会場があれば
と思います

> そして”何故か完全に艦娘音頭をマスターされていた”鴨田市長をゲストにお贈りしました!

鴨田市長
確か、壇上で
前日特訓した
と仰っていましたっけね?
翌日だっけな?

ともあれ
いいね。素敵だよ…

素敵と言えば

紫一色ですね

そして私
アンコールだっけな?
が鳴り響く中

足早に会場を去ります
後ろから艦娘音頭BGMが聞こえてきます
後ろ髪を引かれます

着いたのは
バス停
先程下見したのは
音頭終わって速攻ここに来るためでした

市役所前の発車時間
16:44 17:54 19:04
間にそれぞれもう一本ありますが
土日運休です

19:54を逃すと
1時間以上待つことになります

東舞鶴駅まで歩く→電車
という方法もありますが
正直歩きたくない

となると
17:54に乗るしかありません

そんなわけで
艦娘音頭を泣く泣く切り上げて来ました

私が並んでから
続々と人が来始めます
人多すぎで乗れない
を回避するためでもあります

18:30前
舞鶴グランドホテルへ戻ってきました

「まなづる会様は
9階でございます」
の黒板を見ました

うわー
この黒板
この時見ても何も考えていませんでした

さて
夕飯です
まだ何も決めていません

部屋でルームサービスを見ます
お弁当類
どれも美味しそうです
ルームサービスでもいいかな

いやいや
お酒がない

折角舞鶴まで来たのですから
料理とお酒
共に欠かせません

9F
スカイレストラン「ブルースカイ」へ向かいます

【公式】舞鶴グランドホテル|レストラン
https://www.mghotel.co.jp/restaurant/

HPのメニューを見る限り
お値段高めです

ただ
折角泊まっているこの機会
逃すわけにはいきません

9F到着
意を決してエレベーターをおります

「本日貸し切り」

うわああああああああああ
今思えば
あの黒板はこのことを示唆していました

やむを得ないかぁ……

とりあえず
ふらっと外に出てみるか

1Fへ降ります


雨です
雨脚強めです

うっそーー!!!

ポッキリ心が折れました

そう言えば
天候
音頭前は雲に覆われていました

持ちこたえてくれたとは
6月の佐世保本遠征の時といい
ギリギリ回避できているのが
なんとも有り難いことです


どうしたかというと

カフェレストラン 「アクアマリン」
に入りました

ランチと同じです

正直、同じところを利用するのは
避けたかった

ただ、明日のことを考えると
早めに切り上げる必要もあります
あとお風呂も入ったので濡れたくはなかった

私の他には
誰もいません
昼と同じです

アクアマリン
営業時間

> ディナータイム 17:00~20:00

もう30分もありません

グランド特製幕の内弁当 2,400円にしました
お造り、天ぷら、出し巻き、炊合せ、御飯、味噌汁、フルーツ
ちょっと高いですが
まぁいいか
天ぷらと刺し身食べたかった

その前にお酒

選択肢があまりありません
居酒屋ではないのですし
仕方ありません
角ハイを注文します

静かです
その点だけは良かったかな

その後
アジア人と思われる3人組が入店

一気に賑やかになりました

幕の内弁当が来ました

配膳、お昼のおねーさんでした

色々と
うーんと唸りたくなることもありつつ
ひとり静かに食事を進めます

刺し身もうちょっと食べたかったな
でも天ぷらはやっぱりいいな

角ハイがなくなりました
メニューを見せてもらいます

パフェ
パフェがあるのか

甘いもの食べたいな

おねーさんに聞いてみます
今からパフェって注文できます?

おねーさん
→もう無理ですね

デスヨネー

ここで
お酒を飲む理由も無くなりました

いつの間にか
先程の3人組も退店

再び
静かな時間が流れます


お酒がない

まぁ……明日のことを考えると
一杯で収めたほうが良いのかもしれません

それに
なんだかんだ言って
刺し身と天ぷらを食べたことで
多少満足しました
SASHIMI!
TEMPURA!
最近はそういったものが
特に美味しく感じられるようになりました

その後
20:20過ぎに退店

その後
部屋に戻って就寝しました

【個人的感想まとめ】C2機関舞鶴遠征「艦これ」公式コラボ【OPERATION MAIZURU EXPEDITION 2023】(2023/9/30~2023/10/1)

振り返っての
感想まとめです

■ライブ

何と言っても
これに参加できたこと

何よりでした

会場となった格納庫
水分補給やトイレで難はあったものの
会場自体としては
艦これライブでも
屈指の満足度でした

・「特別な場所」という認識
・ライブに集中できる環境
・広さ
・屋外の心地よさ

出来れば
是非また体感したいです

C2機関舞鶴遠征「艦これ」公式コラボ【Operation MAIZURU Expedition 2023】 MAIZURU 1MYB Special Live 2023 -C2機関“1MYB”特別ライブin MAIZURU– イープラス
https://eplus.jp/sf/word/0000161058

> 10周年記念特別艦娘トーク:特別ゲスト艦娘声優(予定)

上坂すみれ

縦横無尽の大活躍でした
ここまでライブが楽しくなったのは
間違いなく彼女のおかげです

本当にありがとうございました!

■それ以外

ライブおよび艦娘音頭全振りでした
そのため、それ以外はほぼノータッチです

色々あるのですが
大本として
気候が挙げられます

9/30~10/1
まだまだ暑い

暑さ
あらゆる要素に絡んできます
服装、水分、体力の消耗
翌日への考慮

もうちょっと涼しい状況だったなら
と思わずにはいられません

まぁ、こればっかりは
どうにもならないことなのですが
後一月
後ろにズレていたら
大分動けていたかなと思います

ただ
海軍記念館
第四術科学校
こちらに立ち寄れたのは
とても大きいです
また訪れたいです

■赤れんがパーク

10/1のところにも書いたのですが
赤れんがパーク

水分補給およびトイレの面で難アリと感じます

水分補給
自販機が少ない上に狩り尽くされる

トイレ
17時以降使用不可

トイレは駐車場のところを使えばいいのでしょうが、
ちょっと遠い上に
赤れんがパーク内で
トイレが駐車場にある
という標識がなかったように見受けられます

単純に
艦これリアイベのキャパを
オーバーしてしまったから
かもしれません

■それらを受けて

ライブは文句なし
それ以外は及第点に及ばず
です

お酒
一杯しか飲めなかったしなぁ
舞鶴の海の幸も
堪能できませんでした

いつの日か、また

C2機関舞鶴遠征「艦これ」公式コラボ【Operation MAIZURU Expedition 2023】スタンプラリー・現地主力特設酒保・舞鶴レストランバス展開・艦娘音頭まとめて(2023/9/25-9/26)

> 本日のC2機関は舞鶴遠征の準備に邁進、公式スタンプラリーは八箇所予定です!

> 公式スタンプラリー及び現地主力特設酒保は9/30(土)は午後から、10/1(日)は午前中から開始予定!
> スタートは【舞鶴赤れんがパーク】にて!

スタンプラリー
8カ所ですか
うーん
少なくもなく、多くもなく
といったところですかね
問題は距離か
どうかお手柔らかに……

あと
スタンプラリーシート
物販もろもろの列とは別
&
購入枚数に制限をかけて欲しいです

> 公式コラボ舞鶴レストランバス展開は、9/29(金)午後・9/30(土)・10/1(日)赤れんがパークエリアにて実施予定!

> ※お料理・特設物販共に限定コラボポストカード付きです!

これについては
メニュー待ちです

そして
艦娘音頭大会

> 舞鶴遠征でも、もちろんやります【艦娘音頭大会】!
> 舞鶴では、舞鶴鎮守府時代は「舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫」だったあの【赤れんが博物館】前で海に向って薄暮戦で開催予定!
> 9/30(土)、10/1(日)それぞれ素敵なゲストも参加予定です!

舞鶴旧鎮守府倉庫施設 舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫 文化遺産オンライン
https://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/192063

重要文化財に指定されているとは

「魚形水雷庫」
略して
魚雷庫
ですかね

「それぞれ素敵なゲスト」
うーん
誰でしょうね
舞鶴市長は来るとして
「それぞれ」というのがなぁ

そして
一番重要な時間が
「薄暮戦」

うげぇ
思わず苦い顔になりました
京都への特急列車
本数が少ない上に
夕方には終わってしまいます

せめて
その電車に間に合うように
タイムスケジュールを組んで欲しいと思います

艦これ速報様
【艦これ】舞鶴遠征の艦娘音頭大会には素敵なゲストも参加予定!
https://kancolle.doorblog.jp/archives/60863868.html