【艦これ】横須賀鎮守府および舞鶴鎮守府絡みのイベントはいつ?

今月の130th SASEBO 2019、
および
来月の130th KURE 2019で大盛り上がりの中

横鎮および舞鎮はいつなんだろう…?ということで
とても今更ですがちょっと調べてみました

横須賀鎮守府 – Wikipedia
・1884年(明治17年)12月15日 – 東海鎮守府(横浜所在)、横須賀に移転し「横須賀鎮守府」となり、横須賀造船所をその所属とする。

舞鶴鎮守府 – Wikipedia
・1901年(明治34年):開庁。

ですかね?

うーん計算がめんどくさい!(
のでこちらのサイトを参考にさせていただきました

【みんなの知識 ちょっと便利帳】明治は今から何年前? 明治は今年の何年前?
https://www.benricho.org/nenrei/nannenmae_meiji.html

横鎮…135 年前
舞鎮…118 年前
(いずれも2019年 現在)

なるほど…

となると横須賀は今年無いとなると5年後?舞鶴は再来年にイベントがあるのかな?
というかもうやって欲しいですね…!

つーかあれですね
別に開庁何周年に合わせなくてもいいからやればいいのに…

…来年は4鎮守府横断イベントで!!(交通費

【前夜祭の様子】砲雷撃戦よーい!51戦目 舞鶴(2019年7月14日 開催)

あ艦これ様
【艦これ】提督たちが続々と舞鶴に集い始める
http://akankore.doorblog.jp/archives/53590125.html

かんむす!様
【艦これ】Twitter見てるといろんな提督が同じ店行ってて突発OFFでも起こりそう
http://kanmsu.com/archives/61942

なぐも様


ああ
ああああああああああああああああああああああああ
(崩れ落ちる音)

これ
この雰囲気
これこそ、本当に参加したかった舞鶴砲雷撃前夜祭…

今年2月に参加した時は不幸が重なり個人的には大失敗だったので、
今回の雨ゆえの前夜祭アーケード開催はただただ羨ましい
こんなの絶対楽しいやん…
大後悔時代突入である

ワイ氏、悲しみと怒りのあまり来年2月の砲雷撃に合わせ
宿を予約しようとするもネットではすべて埋まっている?らしく
無事憤死

もういい、この思いは佐世保にぶつけるしかない

うーん、運営も舞鶴で何か公式イベントやらないのかなぁ?
舞鶴は完全に砲雷撃のイメージが定着しちゃってますね
折角だから四鎮守府を制覇して欲しいですね…!

終了後もろもろの情報など【艦これ】砲雷撃戦!よーい!四十七戦目 舞鶴(2019年2月10日)

情報収集などともかく手間がかかり
1月以上経った今もまとまる気配が無いので途中ですがアップします

前夜祭泥酔の件・実行委員会について・他サイト様の感想 です

■前夜祭泥酔

全部twitterしか情報源が無く…また、申し訳ないのですが掲載は時系列順ではないです

https://twitter.com/hatori_piyoko/status/1094985176579330048

https://twitter.com/tsugaru_kaikyo/status/1095870432337489921

気になったツイート

■実行委員会

ものすごい参加者来場で嬉しい気持ちはわかるのですが、
主催者側からイベントに関する注意発信みたいなのが無いのが気になりました
「場内が大混雑している為、規制入場しています」とか
「場内進行方向を一方通行にしています」など

実際、前にも後ろにも進めず、これで人が倒れたら将棋倒しになるなと思えたときがありましたし

また、前夜祭泥酔の件も、主催者側から今もって何も触れられていないのが…
各自自己責任と言ってしまえばそうなのですが、
先ず起こってしまった事実と各自の自制を促す発信はあってもいいのかな、と

https://twitter.com/J1Y7e0I1HShqkeq/status/1094808405632372738

> 大量収穫ホッカイロww
> 薄着のレイヤーさんが落とされたのかな⁉️(どこに貼ってた💖妄想に発展)ww

スタッフさん?でしょうか
自分が気にしすぎですかね…この発言はスタッフとしてはちょっと

■他サイト様の感想

yet another 舞鶴電脳工作室様
艦これイベント 砲雷撃戦よーい!47 舞鶴市赤れんがパーク五号棟 2019/2/10(日)
https://ameblo.jp/fm7811/entry-12439199083.html

ぺーはー雑記様
【舞鶴】参加者の急増でC敗北【砲雷撃戦四十七戦目】
http://potenzh.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

ムイ様
2019/02/10 同人誌即売会「砲雷撃戦!よーい!四十七戦目(舞鶴)」に一般参加してきた
https://kuramiya2.hatenablog.com/entry/2019/02/11/222012

キニナルベル様
【艦これ】2019年冬の舞鶴砲雷撃戦!よーい!に行ってきたよ!!
https://kininaruberu.com/kancolledoujin/maiduruhourai2019winter

舞鶴砲雷撃戦47の最大手待機列運用で何が起きていたか
https://togetter.com/li/1318782

結局、会場キャパが狭すぎるってのがあると思います
それについては明るい展望が

赤れんが倉庫、カフェやホテルに 京都・舞鶴でパーク整備 : 京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180519000065

新幹線と飛行機の壁 「4時間」「1万円」より深刻な「1カ月前の壁」

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1903/15/news030.html

これは2月の舞鶴砲雷撃の時に痛感しましたね

宿は開催発表からすぐに取れたのですが、新幹線は1カ月まで無いと取れない
実際には確か1週間前から↑の予約が開始でしたっけ?
どの道不安ではありました
折角宿を抑えたのに足となる新幹線が取れなかったら…と
さらにいうと新幹線のみならず、特急や京都~舞鶴のバスも予約開始は1か月前でした

あと、4ページ目から触れられていますが、
特急券などのきっぷの受取エリアが各JRのエリアごとに決められていること
ややこしいうえにくっそ不便なことこの上ない
まるで利用者に配慮されていないという

なんとか改善へと向かって欲しいものです

【2019年3月5日】舞鶴関連のニュース

一度訪れただけですっかり「勝手知ったる地元」みたいな顔をする…私です(

東京結ぶ夜行高速バス、乗務員不足で休止 京都交通5月から
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190305000067

夜行バス無くなっちゃうのか…これは痛い
交通手段が一つ無くなると他にしわ寄せがきますからね…><
舞鶴砲雷撃だけ直行便でないかしら

舞鶴お味見フェア開催(3月1日~平日限定 in東京丸の内)
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/kankou/0000004970.html 404 Not Found

酒だ!日本酒だ!
お酒がNGなかたにはお茶だ!
鶴の里ってどこかで聞いたような…?

> ◆日時  平成31年3月1日(金)~29日(金)の月~金曜日 15:00~19:00
>         (平日限定:ただし、3月15日(金)と21日(木・祝)は休み)

平日限定、しかも19時まで もうちょっと遅くまでやってて欲しいですが…やむなしか;;
行ける方は是非…!

京都で日本人宿泊客の減少歯止めかからず 訪日客増で混雑敬遠か

https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20190303000102

先日書いた舞鶴砲雷での3日目の感想でどんぴしゃなタイミングでしたので

私が行ったのは伏見稲荷大社でしたが、体感半分以上の方が外国人観光客でしたね
多人数で行動されていることも多い印象でした
やっぱりそうなると、空いている時間帯に来たいなと思いました

あと京都駅 これも半分くらいは外国人の方でしたかね いやこれは何とも言えないか
駅周りについては、「古都」というよりは「観光地」というイメージでした

歴史的に見て数々の史跡がそこかしこにあるので
艦これ抜きにしてもまた訪れたいのですが、混んでるのでうーんと思っちゃいますね

「観光公害」市民と摩擦 京都・やむを得ず外国人制限の店も
https://www.kyoto-np.co.jp/economy/article/20181028000050

公害かぁ…そこに暮らす人からすれば大変ですよね

ホテル激増の京都「料金下がった」「稼働落ちた」 同業者の嘆き
https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20181127000134

舞鶴砲雷の帰りに一泊して京都観光できればベストだと思いますが
料金下がってるのかなぁ…やっぱり高い印象が
印象なので調べたわけではないんですけどね

そんなつもりはほとんどなかったのに、書いているうちに
また新幹線に乗って訪れたくなってきてしまった…ハッこれが狙いか(何の

【2月11日・翌日感想】【艦これ】砲雷撃戦!よーい!四十七戦目 舞鶴(2019年2月10日)

一日目の感想および二日目の感想もあわせてどうぞ

■□■2/9~2/11における今回の旅行のテーマ■□■

・舞鶴砲雷撃戦を楽しむ(前夜祭含め)
・京都の伏見稲荷大社に行く

●○●5行まとめ●○●
・行きの新幹線遅延で死にました
・悲しみの前夜祭
【参加者激増による不安】が的中した感じです(砲雷撃戦も
・揚 げ た て カ キ フ ラ イ 2 9 円(税抜)
・伏見稲荷リベンジ誓う

【2019年2月11日(月・祝)】
JR 特急まいづる6号 東舞鶴10:27⇒京都12:07
JR 奈良線 京都12:37⇒稲荷12:42
伏見稲荷大社 参拝
JR 奈良線 稲荷13:19⇒京都13:24
JR 新幹線のぞみ364号 京都14:26⇒東京16:43

食事
朝:ホテルのモーニングセット(和食)
昼:京都伊勢丹地下フロアの惣菜(チキン)

起きたのは6:30頃
昨日と同じく夜中何度か目覚めましたが、気づいたら再び寝ていた模様
寝る前に見ていたTwitterが全然進んでいなかったので速攻寝ちゃったみたいでした
その時点ではまだ曇りのようでした

身支度を整え、昨日予約した朝食を食べに1Fフロントへ
そして同じく1F併設のカレー屋さんへ向かう

ほぅ朝はカレー屋じゃなくなるのか
和食セットをもらう
さすがに誰もいない…と思ったらもう一人男性もすぐ後で入店

献立は、
ごはん・味噌汁・焼き鮭・卵焼き・ハムソーセージ・かまぼこ・納豆・具なしナポリタン・キャベツ・漬物
ごはん味噌汁とコーヒーなどのドリンクはお代わり自由だったかな?
おかずがちょっと小さめですが、こちらはそんなに食べないので寧ろ有難かった
これで600円は十分アリだと思います

外を見ると雪が舞いはじめていました
改めて砲雷撃戦の日に本降りじゃなくて良かった…
地面を見る限り、積もるという感じではない?
帰りに影響ないといいなと思いました

食べ終わり自室へ
この雪模様なのでお土産やどこか見に行くのは諦め、10時チェックアウトまで
まったりしてようかなと
普段TVは見ないのですが、旅行先での天気予報は新鮮ですね

たしか8時半すぎでしたかね…
ふと突然に「あれ?雪降ってるってことは絶好の見学ロケーションじゃね?」と
唐突に気付き、あわてて外出の準備にかかる
ホント今思い出してももっと早く気付けばと後悔

フロントで傘を借りてとりあえず赤レンガパークに向かう
この時点で8:55 往復1時間もない…結構カツカツ…

外気温もそんなに低くは無く、傘にかかる雪もべちゃっと
路面にも水たまりが出来、改めて積もる感じではない

三度赤レンガパークへの道
一昨日・昨日に比べて余裕が…あるわけでもなく
この三日間終始慌ただしい行程でしたw

パーク到着!海を見ると遠くに艦艇が!
ただ遠すぎて良く見えない;;
昨日の会場へ

あれだけの行列が出来ていた屋台の合ったスペースには
うっすらと雪が積もり始めていました
当然誰もいない
昨日の喧騒が嘘のような静けさでした
もうちょっと時間に余裕があればゆっくり見て回れたのですが…次回に!
名残惜しつつ、パークを後にします
この時点で9:15

さて宿へ…
その途中、左手に大きな橋が見えました
そういえば舞鶴に来て赤レンガパークにしか行っていないなという思いと
渡れば先ほどの海上自衛隊艦艇がより近くに見えるのか?という
淡い期待を抱いて渡橋することに

こういう下調べをしない行動を出先で結構やったりしますw
(…さすがに今回のように時間ギリギリでは普段はしないですが)

橋の入り口には「まえじまみなとほどうきょう」とあります
前島みなと公園や舞鶴港前島埠頭に続く橋ですね
この時点で9:20

往復時間も考え、9:30がリミットとして行けるところまで行こうと
急いで歩いたので冬なのに汗が出てきました

公園を越え、ひたすら進むとフェリーが見えてきました
でも見たいのは自衛隊の船なんだということでさらに進む

広い駐車場の左手に海
なんとなくそれっぽい!ということでさらに足早に進む
…見えた!でも赤レンガパークよりさらに遠くに見える!w
うーんこれは目的達成ならずでした
この時点で9:29

再び舞鶴に来る理由が出来たところで大急ぎで宿へ戻ります
9:45に宿着 大慌てでチェックアウトに向かいます
宿を出発したのが10時直前でした

特急まいづるの東舞鶴発が10:27
万が一にも乗り遅れはできないので、まっすぐ駅へ向かいます

アーケードを通ったわけではないのでなんともですが、
祝日にもかかわらず全然お店が開店していない感じでした
なんというか…この寂れ具合は…
佐世保より廃れている印象でした

特に海そばの人の少なさ
佐世保か、あと横須賀しか行ったことが無いので
対象としては少ないのですが
舞鶴は散歩で歩く人がまばらにしかいなかった
こちらの行った場所がそうだったかも?
個人的には人は少ないほうが好きなので寧ろ良かったりもします
移動大変かもですが雪が積もった時にまた訪れたいですね

東舞鶴駅着
列車発車の10分前でしたので余裕なく改札へGO
時間あれば駅の反対側も見たかった

特急まいづる
列車がイケメンだな!すごい新しいし座席もゆったりできました
定刻通りに出発 特に問題なく西舞鶴~綾部へ 雪もやんでいます

亀岡駅
行きで気になった建造物ですが、これは
京都スタジアム(仮称)だったんですね

京都スタジアム(仮称)整備について/京都府ホームページ
http://www.pref.kyoto.jp/kyoto_sports/
2020年春のオープン予定とのことですが、ちょっと色々あるようですね…

定刻通りに12:07京都駅着

さて、帰路の新幹線まで2時間20分ほどあります

実は今回の旅路での目的に、
京都の伏見稲荷大社に行くを設定しました

これは何故かというと、
「艦これOST vol.4雨 Tr.03 鎮守府の秋祭り」と
「千本鳥居をくぐる艦娘の絵」
この二つが
イメージとして合致してどうしても行きたかったから ですね

鎮守府の秋祭り
この曲の持つ非日常感、神秘性、幻想
祭りそのものより喧騒を離れた神社像が浮かび上がってきました
それも、祭り中の夜よりは
「黄昏時」と呼ばれる夕方ですね

そして、神社というと鳥居 鳥居というと有名な千本鳥居と繋がっていき
確か…千本鳥居を歩く艦娘の絵もどこかで見てそれが結びついたかと思います

ですので、この曲を聞くたびに上記のイメージが浮かび
いつか伏見稲荷を訪れたいと思うようになりました
…実際に艦娘がいるわけではなく、フィギュアなどを置いて撮影とかではないので、
あくまで実物を見てみたかったになりますが

そしてこの旅
京都を経由しますがどこか京都にも立ち寄りたいなということで
なら帰りに寄ろうと思い立ったわけです

本当でしたら夕方、具体的には初日舞鶴に向かう途中がベストで
そのつもりでしたが、バスを手配する直前で
前夜祭が発表され、あわててそれに参加できるように時間調整しました
復路は砲雷撃戦でヘットヘトの可能性および休みが終わるので、なるべく早めに帰りたい

夕方に見るという本懐からは外れますが昼に行くことで決定
最悪当日ヘトヘトだったら京都のどこかで休んでいるつもりでした
一人旅はその点柔軟にできるのがいいですね

というわけで伏見稲荷大社へ!
JR奈良線で行けば直ぐらしいので早速…の前に一仕事

荷物をロッカーに預ける
これが中々に難事でした

いうて京都は観光地だしいけば運よくどこか空いてるやろ!と
楽観的にみていたらまー空いてないこと…
そりゃ祝日の昼間ですしね 探せど探せど埋まっている

一瞬、700円のカートも入れるデカイロッカーが空きましたが、
そこまで大荷物ではなくこれで使ってしまったら他の人に悪いかなと遠慮しました
そこから15分くらいは彷徨うも見つからず…

大荷物を抱えての参拝は厳しい
これは今回は諦めて次回持ち越すかという選択が脳裏をよぎる
そんな中、偶然にも見つけました

京都駅 コインロッカー空き情報検索サービスについて:JR西日本
https://www.westjr.co.jp/company/action/service/voice/2018/0502.html

こんな便利なものが有ったんですね 前もって調べておけばよかったか…
とりあえず近場のロッカーを探す
ただ、予約できるとかではないですし、
空きがあった→他の人に先に使われる可能性も十分あったので
見落としていたロッカー群を探し移動

丁度使い終わった人が荷物を取り出す瞬間に遭遇!速攻しまう!
…大分ロスしてしまいましたが伏見稲荷には行けそうです

奈良線のホームに移動
ほえー 普通の路線なのに特急列車みたいな座席配置になってる
…そいえば初日のリレー号もそうでしたね
車内は外国人観光客も多かったです

稲荷駅に到着
うわー対岸の京都行ホームに人がいっぱい これ帰りは大変そう…

駅を出る
雨降ってる!むぅ…仕方ないので折りたたみ傘を
アッー!!
ロッカーに入れてきてしまいました…あーもうバカバカ
ここでビニ傘を買うのは非常にもったいないというので半ば濡れながら行軍を決意

すぐ目の前に「伏見稲荷大社」の碑が
大勢の人でにぎわっていました
鳥居をくぐる際には会釈と真中は歩かない、と

その日は2/11(月・祝)ということで、
「紀元祭」と書かれていました ただ、目的は千本鳥居ですので
ひたすらに案内板の通りに進む

やがて大量の鳥居が目に入ってきました
ここか!
ワクワクしながら進む

…結論から言うと、イメージの中の幻想的な雰囲気は味わえませんでした

ともかく人!人!人!
京都を代表する観光地、日本人より外国人観光客の方が多い印象でした
さらに複数人や団体客が一群で移動していますので、
こちらもそれに合わせ雨の中を人波に合わせて
ぞろぞろと進んでいくしかない状況です

京都駅での人の多さを考慮すればこの結果はある程度予想できるものだったかもですが
その時はそこまで気が回りませんでしたね

残念ですが途中で引き返すことにしました

リベンジするとしたら
人のいない時間帯…本当に早朝か深夜?
これは伏見稲荷専用の宿と行動計画を立てなくては駄目だなと思いました
伏見稲荷で画像検索で出てくる、鳥居が並ぶ無人の光景が見たいものです
ただこちらのイメージする夕方となると、今の盛況を鑑みるとかなり厳しいかな…;;

帰路は屋台がたくさん出ている道へ
うーんさすがにここに来て屋台は…伏見稲荷って食べ物何か有名なのあったっけ?
いなり寿司?と店を回りましたが時間もなかったので稲荷駅へ

…ここで駅に着いたときに見た反対側のホームの混雑を目の当たりにしました
というかそれより混雑が増している
人が多すぎてホームへの階段でとまってしまいました

まだ余裕があるとはいえ、昼もまだだしお土産も買っていない
これは厳しー 電車が到着し列が動きだしたので急いで空いている車両へ

京都駅13:24着
14:26発の新幹線なので多少の余裕はあるかなと
ここでお土産を見て回る 定番の八つ橋は外してお菓子に
あと自分用に漬物を ついに漬物が美味しいと思えるお年頃に…
薄味で漬けた山芋のが美味しかったので買っちゃう

お昼
正直京都で食べる名物が思い浮かばなかったので、まー空いている店でいいかなと
併設の伊勢丹へ ギャー!レストランフロアがどこもいっぱい!
しょーがない、新幹線で食うかと地下の総菜コーナーへ
「チキンとポテトのチーズ焼き」これにしよう!
おお、温めてくれるのか…有難い!

とやっていたら後15分ほどになったので大慌てで新幹線ホームへ
定刻通りに出発

チキン
ふつーに旨かった
この値段でこの味が食べられるって駅弁の存在価値を脅かすよなぁ

シンカンセンスゴイカタイアイス
いどさんもつぶやかれていたアイスを食べようとしたら
載っていた車用では販売ありませんとアナウンス 悲しみに暮れる

行きでの遅延トラブルもなく、無事東京駅に着きました

と、初の一人旅・舞鶴砲雷撃は終了しました

【2月10日・当日感想】【艦これ】砲雷撃戦!よーい!四十七戦目 舞鶴(2019年2月10日)

一日目の感想および三日目の感想もあわせてどうぞ

ちょっと長くなっております…スミマセン…

■□■2/9~2/11における今回の旅行のテーマ■□■

・舞鶴砲雷撃戦を楽しむ(前夜祭含め)
・京都の伏見稲荷大社に行く

●○●5行まとめ●○●
・行きの新幹線遅延で死にました
・悲しみの前夜祭
【参加者激増による不安】が的中した感じです(砲雷撃戦も
・揚 げ た て カ キ フ ラ イ 2 9 円(税抜)
・伏見稲荷リベンジ誓う

【2019年2月10日(土)】
参加 舞鶴砲雷撃

宿泊 舞鶴・アーバンホテル

食事
朝:コンビニパスタ、味噌汁
屋台:サザエ、カキ、カニ汁
昼:護衛艦「ふゆづき」特製カレー ケーキセット
夜:ブリの刺身、カキフライ、サラダ、ウィスキー

起床は6時半ごろ
枕が変わると眠れなくなるのか、夜中何度も目覚めてしまいとても熟睡とは言えない状況です

今日の本番に備え、朝飯はサクッと済ませることに
とはいえ昨日のローソンで異様にパスタが食べたくなっていたので
朝からパスタです(
プラス味噌汁 朝食に味噌汁は絶対外せないのです

さすがに昨日調子に乗って飲みすぎたか、お腹の調子が…
1時間後くらいには出るつもりでしたが、体調を万全な状態にしたいので
結局出たのは8時半前くらいでした

天候はどんより曇り空
幸い雪は降っていない 寒さも昨日の関東の方がつらかったかも?
ただ時折吹く北風の鋭さは身に堪えます

道すがら、公園にでっかい錨がありました
あれはなんだったんだろう…?近くに説明書きなどもなく不明でした
夕潮橋を越えると先の方に連れ立って歩く人たちが おそらく目的地は同じでしょうね

そして会場到着!
舞鶴赤れんがパーク 真冬のグルメ祭の方ですね
時刻は8:45過ぎ
結構人多い… やはり出遅れたか

正直、この時点で屋台は買えなくてもいいから砲雷撃戦だけいくか思っていました
昨日の前夜祭を引きずっているというか、かなり諦めムードでした

とはいえ折角来たわけですしとりあえずなんかの列に並ぶか…と
最後尾札があるわけでもなし、先に何があるか分からんけど
一番人が並んでいるところに行ってみます 海鮮の列でした

並んでいる人の話を聞いているとなんでも150人くらい並んでいるらしい
150人か…それならアワビも買えるのかな?とぼんやり考えていました
隣にも列があり、そちらはボルシチとのこと

この時、列は1列だったのですが、どうやら後ろもかなり伸びていっているらしく
ただスタッフ?もいなく最後尾札もない状況
見かねた参加者の方が、自主的に列整理および手書きで最後尾札を作成…!
1列→2列になり大分圧縮されました
あの時の参加者さん(関西の人っぽい)には頭が下がります…!
最後尾札が文字だけの為「誰か絵描ける人おらへん~?」と声掛けがありましたが
すまぬ…すまぬ…

天候
基本はどんより曇り空、時折晴れ間も見えました
が、結構降雪が多く、容赦なく列待機者の上に降り注ぐ
プラス風も出てくると本当に寒い 特に手先 スマホ用手袋が心底欲しくなりました

そうそう、扉が開放された飲食休憩エリアから、秋月の空が聞こえてきました!(リンク先:個人的好きなBGM TOP10(2018/11/25)
ほか飛龍の反撃等も聞こえたので、OST vol.2風 をランダムで流されていたのかな?
個人的ながらこれはとても嬉しかったです!!

どのタイミングか忘れちゃいましたが、10時開始に対し
準備できたところから始めてください!的なアナウンスが
これは有難い…列も少しずつ動きだしました

気づくと何やらどよめきが…「!?」となって右を見てみると等身大連装砲ちゃんが歩いてきます…!
中からは男性の島風(強そう)が!!シュールでしたw

続々と人が集まり中央の広場では早々に買えた人が去っていく…
シークレット出し物でカニ汁の販売があるようで、
冷えた体にはそれがとても魅力的に思えました

さらに列待機…そんな中、砲雷撃戦のカタログが中央テントで販売開始したとのこと
動いている列から抜け出すわけにはいかないし…この列が終わったら
と思っていたら付近から代理購入の申し出が!!
とても助かりました!その節はありがとうございました(お礼の品もお渡ししました

列は段々と目的地に近づいてきます 他の出店の前を通る…
メロンパン!これは食後のデザートだな そしてカニ汁!今ならまだ並んでいる人は少ない…
海鮮終わったら直行だなと決意

そしていよいよその時が来る…その時
「アワビ完売でーす」
まじかあああああ もうちょっと早く宿を出ていたら…でもそれは仕方ない…
悲しみに暮れつつ、残っているカキ・サザエセットを頼みました

焼き立てカキ1個、サザエ2個で500円か…改めて破格という他ないですね

食べた感想
旨い 酒が飲みたい
…正直、じっくり味わって食べる余裕もスペースもありませんでした
両手がふさがったままですので早く食べてカニ汁にも行かなければでしたし、
参加者に対してテーブル・椅子なども絶対的に足りない
Twitterで上がっている写真みるととても美味しそうでゆっくり食べられそうに見えますが、
実際は…ソロ参加ってものありますが、ともかくフットワーク優先で

そうだサザエのふた これが何気に大苦戦でした
1個はするっと取れたのですが、2個目は知らず奥の方に行ってしまい…5分以上格闘していたかもです
割り箸をもらって試すもそもそものスペースからして楊枝くらいしか入らない
皿を片手で持つ必要もあるので、もどかしさが募りました

…ようやく本体の摘出に成功( 改めてみるとかなーりグロテスクですねw
海鮮系駄目な人はこのビジュアルがつらいだろうなと思いつつペロッといただきました
これは日本酒だわと思いました

さて次!カニ汁!
3人くらい並んでいましたがすぐ買えました

はー うめぇ…
猛烈にカニ!という自己主張の味ではないものの
全体にカニの旨みが溶け込んでいます 冷えた体に温かいものが染入るようでした
…箸だとカニ肉が全部取り出せなくて無念でしたw

ボルシチはとてもじゃないが無理だな…
そいえば今回の屋台ではばんじゅうが必要かも?という
流れがありましたが、必要ありませんでしたね…
心配するほど食えないというカナシカナシ

さてそんなで一旦屋台は終了にして、砲雷撃戦の待機列を探します
…カタログを見ると5号館…ということは前夜祭の会場か!?
急いで向かってみるともう結構な列ができていました
10:46頃
これには…ウーンとおもわず唸りました 食べて速攻向かうべきだったか

列待機していると、
スタッフさんから「列固定しますので、11:45までに戻ってください」とのこと
ここで待ってなくていいんですね、有難い
荷物を置いてトイレや他の施設の探訪に向かいます

飲食休憩エリア
飲食や休憩など、無料で使えるスペースのようです 屋台側には椅子テーブルも
とても助かります
また、自衛隊グッズや菊月保存会のひきあげ写真や署名スペース、即席のバーも
ウォッカ売ってましたね ボルシチと合わせて楽しめたら最高でしたね…!
2Fはコスプレスペース?有料なので行かなかったです

そしてエリアでは先ほども書いた艦これOST vol.2風がランダムでかかっています
これが一番うれしい…エリア内が結構会話でにぎわっているので
そこまでハッキリとは聞き取れませんでしたがやはりテンションあがる…!
BGMを聞きながらサークルチェックを行いした

そして赤レンガショップへ
沢山のお土産や展示コーナーもありました
中は結構な数のお客さん 店員さんも忙しく立ち回っていました
売上ランキングもあり、昨月は舞鶴海軍カレーが1位、週末限定海軍カレーパンなどがランクイン
赤レンガカスタード焼きが赤レンガ限定なので帰りに買っていこうと思いました この時は…

ぼちぼち列に戻ります
その前に入り口付近に謎のトラックが止まっていたのと何やら人が集まっていたのが
気になっていたので行ってみると…

あー!!菊月の第四砲塔!!!ここでしたか…
記念撮影の列も結構ありました

再び砲雷撃戦の列にカムバック
…ここでも雪が舞い始めました 寒風と共に
うーさすが冬の日本海…さむい…

そうしているうちに入場!
急に人が集まり始め、何事かと思ったら自衛隊の教育隊の人の入場でしたっけ?
自分がいるところだと全然見えないんですよね…後で情報見よう

その前に、スタッフからどこに一番先に行くのかの聞き取りが
いどんち・シリのライン・0324制作所などが挙げられます
ローさんのサークル名が数字から始まるので、
「C-09の0324制作所にいくひとー!」のアナウンスに、
サークル番号の後にまた数字が来て混乱している参加者さんがいてちょっとくすっときました

ちなみに私はこちらでも書いたとおり、
いどさんかローさん どちらに行くか迷いました
頒布物的にみると、いどさんは4Pペーパー無料、
ローさんは新刊の上コミケにはこられず、9月の砲雷撃で買い逃して大失敗したので
ローさんを初手に選びました
そしておそらく井戸さんのペーパーは無料な辺り、後日公開などで見れそう?と踏んでみる

結果的には…でしたが、今見ると合理的な判断

さて入場!
どんどん進んでいきます目指すは0324制作所の最後尾!
一旦外に出るみたいです この感じ…コミケ外周サークル…!
そして無事ゲット!うおっ冬装備のウォースパイト様から…身に余る光栄…!

そして次はローさん!
…って最後尾どこ???
一度館外に出てみますがシリのラインさんの最後尾はありましたがローさんが無い…

…ここで迷っていて他を逃すのが一番の悪手 今は忘れて再び館内へ!

結果からから言うと、この後体調が悪くなりホテルに引き揚げました

参加された皆様には伝わるかと思いますが、
ともかくものすごい人口密度で導線などあったもんじゃない
どんどん人が入ってくるのに対し、退館する人は少ない
至るところで人の流れが滞留
場所によっては、本当に前にも後ろにも進めないんですよね…
それが5分くらい続いた箇所がありました
特にC島がヤバかった

今思い出してもあのしんどさは…
前の方で女性サークル主さんが「机に当たらないでください!」と
悲痛な叫び声をあげられてましたが、
身動きすらできないこの密度状況ではどうすることもできない…
まだ夏コミ3日目の一部男性向けサークルのがましでしたね…

そうこうしているうちにちょっとこれはヤバいか?という体の異常シグナルを感じます
具体的に言うと頭痛が酷くなってきました
これはアカン

こういうイベントで長時間栄養補給をしていないとたまになるので、
今回も同じか?と思い急遽昼食を取ることに

再び屋台コーナーへ
うげぇ全然人減ってない!!ていうか寧ろマシマシ…
そういえば、前夜祭の若い提督さんが無水カレーをお勧めされていたのを思い出す
あれを食べようと列を確認しましたがバッチリ長蛇
今の自分にはこの状態での列待機は危険と判断しあえなく離脱

どこか食べ物…できれば暖かいもの…

そうだ!!確か砲雷撃戦会場でカレー食べてた人がいた!
というのを思い出し、再び砲雷撃戦会場へ

相変わらずのすごい人
そこで先ほどの寒冷地仕様のウォー様が!
まじかローさんのスペースこっちに移動していたのか…
ここではスムーズに頒布が行われていそうでした
先にいどさんところ行けばよかったかorzと痛恨の思い こればっかりはしょうがない

そしてカレー!ここでも列ができていましたがさきほどの長蛇にくらべれば
待てないわけは無い
む?ケーキもあるのか 糖分も補給しよう…

【東舞鶴 赤れんが5号棟カフェ】護衛艦「ふゆづき」特製カレー♪
https://maizuru.mypl.net/mp/lunch_maizuru/?sid=60141

上記リンク先では発泡トレーですが、私が食べたときはよくある銀のお皿でした

なにげに海自カレーははじめて?だったりします…確か
では実食
ふむふむ…このカレールー、正統派ながら奥が深い
そして具はもしかして肉じゃが?牛肉から美味しそうな脂がでているぞ…
そしてビックリしたのがジャガイモ
これ、油で揚げてる??要はカレーの具サイズのポテトフライ
カレーのジャガイモというと崩れている印象が強いのでこれには意外
しっかりと自己主張しているジャガイモいいぞぉ

ケーキは抹茶ロールをチョイス
ああー甘いものはやっぱりいいですね~~

と満足しながら少し頭痛が引いた気がする…
先ほどの休憩エリアで休めば回復するかな?と再び向かう

その途上にて「ゴーヤとろーちゃんの現在」のモニターを発見!
https://twitter.com/hatori_piyoko/status/1070979831569891329

休憩エリアにてリラックスするもこれは駄目そう
これ以上は危険と泣く泣くホテルに引きあげ決定
ホテルへの帰路、吹きつける北風の冷たさが一層強く感じました…

ホテル帰還
フロントにて鍵をもらう
外出時、夕方ごろ戻りますと伝えていたので
まだ入れませんと言われたらどうしようと不安でしたが、
そこは問題なくて一安心

はぁーと寛いでいるうちに回復を実感 熱もないようでした
良かった、これで今日中に緊急帰宅とかにならなくてすむ…と心底思いました
うーん会場内人多すぎで酸素が足りなかったから、とか?

結構な時間が経ってしまっていましたし、風が冷たいので
あまり出歩くのも…というので夕飯は遠征せず近場で済ますことに

確か近くにスーパーが合ったな 何か魚で美味しいものが売ってるといいなと
淡い期待を抱いて出かけました
それにこれも地元にお金を落とすには変わらないだろうと

フクヤ 東舞鶴店 (舞鶴市)
http://www.fukuya.info/higashimaizuru.html

牛乳や飲み物等をかごに入れ、総菜コーナーへサラダを探しに向かう
ふむ…まぁふつーのスーパーだな あとは鮮魚コーナーで何か買うか
特別何かっていうのはちょっと高望みしすぎだったかもです

揚げ物
うーんさすがにキツイかな…やめておくか
おやカキフライ すげーな3皿もある
そういえば朝カキ食べたし、まぁ…値段

1 個 2 9 円 ! ?

は!!??
ふつーの居酒屋とかなら5個で580円とかするし…地元スーパーなら
もっと安いですがにしたってこんなには安くないだろう…
鮮度に至ってはおそらく問題ないはず
てか次から次へと運ばれてくるぞ…揚げたて!!??

と正直今回の旅一番の衝撃でした
この瞬間、「ホテルで飲む」というスイッチが完全に入りました

実は前夜祭の為にウィスキーを用意したのですがあのようなことになってしまい、
先ほどの砲雷撃でも忍ばせていたのですがとてもじゃないがカキと一緒に飲むなんて無理
このまま持ち帰りかぁ…トホホと思っていただけに俄然燃えてくる

無理しない範囲でカキフライを詰め込み、鮮魚コーナーへ!!
一目で気になった「ブリの刺身」!君に決めた!高知産だが気にしない!

と喜び勇んでホテルへ戻りました
すっかり気持ちから元気になっていたので、
フロントでふと気になっていたサウナを聞いてみることに

貸し切りというわけではなく、当然共同利用
ただ他に利用者がいなくても独りで利用できるとのこと
ユニットバスは人目を気にせず入れますが、やっぱり体を伸ばして入りたい気持ちがありましたので
利用することにしました

…そいえばホテルについて触れていなかったのでこちらで

舞鶴・アーバンホテル

ぶっちゃけると他が埋まっていた上で
東舞鶴での宿がネット上ここしか見つけられなかったので…
お酒が入る以上、会場から徒歩での移動を絶対条件としました

お値段は二泊して12,000円でおつりが出ました
内装などはごく普通のビジネスホテルだと思います
ユニットバスの壁の汚れ具合が年季入ってる感じですがまぁしょうがない
駅から徒歩16分、赤レンガパークにも同じくらいかかるのでその点覚悟ください

利点として、コーヒーや紅茶、お茶類などが飲み放題という点です
これは地味に嬉しいですね…!カップはフロントでもらう必要があります
あとは1Fに併設のカレー屋さんの評判がいいみたい 今回は利用する機会が無かったので次は…!
朝食も1Fのカレー屋さんで食べられます こちらは前日に予約必要です
600円 和食か洋食選べます
私は素泊まりだったのですが、希望すればOKなので頼むことにしました
この辺の柔軟性は有難いです
駐車場も無料で40台と安心です
HPには記載ないですが、2Fコインランドリーのスペースに電子レンジもあります
こちらは使用OKをフロントにて確認しました

そしてサウナがあります
こちら的にはサウナというより併設のジャグジー風呂が目的ですね
525円で利用できます

話を戻してサウナ
先ほどの朝食と同じく先払いかなと思い財布を取り出そうとするも
いいですみたいなことになり…確かサービスに含まれているとかだっけな?
まぁ、最悪チェックアウト時に払えばいいかと

時刻は夕方くらい
今なら貸し切りになるかな?と思い、買ってきた荷物をおいて急ぎフロントへ
サウナ室のカギを借り、2Fへ
利用方法の説明が一切なかったけどまぁいいか…

良かった誰もいない!
鍵付きロッカーは無いので、貴重品はもってこない方がいいですね
いそいそと脱いで入ります

うん、HPの写真の通りです
てか、風呂に湯が張ってない!?
…ああそうか、サウナ用に水風呂などニーズに合わせて自分でいれろってことね

とりあえずサウナに入るつもりは無いのでお湯を入れつつ体を洗います
ふー気持ちいいー! 本音を言えば温泉がいいですが、広い浴室を
独り占めってのも同じくらい良いですね

…風呂、結構時間かかるな
手を入れてみるとつめたっ!?温度設定ミスったか?
やむを得ない今度は熱すぎるくらいにします

待ってる間冷えるものなんだしサウナ行くか…
久々に入ったなサウナ部屋 うーんアツイ
つか、この施設を一人で利用ってのがちょっと贅沢過ぎて恐縮してくるレベル…

ここでのぼせると一大事なのでほどほどにして風呂へ
…お、ちょっとぬるいけどまぁ入れるかと
うーん気持ちいい…!
まー、全身を広く伸ばせる広さは無いのでそこは仕方ないか
ジャグジーON!泡だー!背中と足裏に

あまり長居をしてもなので、程よいタイミングで切り上げ
…利用した後、どうすればいいのかが全然わからんな…
説明もなかったし注意紙も貼ってない
とりあえず湯船のお湯だけ抜いておくことにしてサウナルームをでて鍵をフロントに

すっかり元気いっぱいになりました
うーんとは言え今から外出は控えよう…お土産は明日ワンチャンに
もう一度2Fへ行き、氷をもらって来ます

フフフ ここからが本番だぜぇ…
こちらの日記以来すっかりウィスキーの虜のなってしまった私としては、
今回の舞鶴砲雷撃に挑む際、何を持参すればいいのか悩んでいました
一般的には艦娘名前の入った銘柄がいいのでしょうが、ウィスキーはそのチョイスだと難しそう
響は高いし、明石は最悪一人で全部飲むことを考えると量が…というので外します
ウーンどうしようと悩み、結局はこれにしました

BOWMORE ボウモア サントリー
https://www.suntory.co.jp/whisky/bowmore/

何故か?というと、カキにこのボウモアを入れて食べるやり方を見つけたからです

これが本場スコットランドの食べ方!生牡蠣にモルトをたらしてジュッ!
http://travelers.agilemedia.jp/18167/

おおお…これは中々な食べ方…
この方法で食べれないとしても、おそらく海鮮系にも合うだろうという素人考えもありました
…値段もそこそこで収まる そこは大変重要ですw

またちょっと脱線しますが、先月のビックサイト砲雷撃で手に入れた
なぐもさんの本は今回持って来ませんでした

理由としては、
おそらく予想以上の提督が舞鶴に向かう
→なぐもさん本でのご紹介店に行こうとする提督も多い
→混んで入れないのでは? という考えがあったからです

やはりですね

紹介されたお店は次回舞鶴に来た時に回りたいと思います!

そういえば(また
今回の舞鶴砲雷撃で入手した新刊類をご紹介したいと思います
そんな数にはならなかったのですが、全部ご紹介だと到底書き切れないので
3冊に絞らせていただきます

【0324制作所】(ロー様)
タイトル:LUCKY LITTLE STAR

ああ~ 浜風…なんていい子なんや…
日本ってやっぱり独特な国ですし、島国ですしね…でも
ウォースパイトもいるし、提督もいるし、心配はないんやで…!(何故エセ関西弁
あと秋刀魚祭りの「まぶしいやめろ」は何度見ても可笑しいですwww

【なぐもカレー部】(なぐも様)
タイトル:赤城さんがいっぱい!

…最後のページの台詞見て涙がこみ上げてきました頭おかしいですね…
私がなぐもさんが好きなのは、艦これ各鎮守府の美味しいお店を紹介してくれることではなく
(いや、それももちろんなのですが)
赤城さんがとてもチャーミングに描かれていることです
さいごのチャーハンを食べご満悦でニッコリする赤城さんもうステキ最高すぎる
この本が手に入って本当に良かった

【胚胎】(ドドもり様)
タイトル:遺存の国 -preview-

直前で気づいて手に入れられるか本当に不安だった本
ドドもりさんは艦これJAZZの感想で知りました 当サイトでも
当該ツイートを感想ページに掲載させていただいています

森の描き込みヤバい いや なにこれヤバい(語彙力
これを見ただけで絶対欲しいと思いました
というか先月のビックサイト砲雷でも来ていらしたのか…次こそ…!

個人的にですがワートリもお好きなようでそれまた嬉し嬉し
新生玉狛第二と東さんがヤバすぎてヤバい(

…あれ何の話してましたっけ?
そうだウィスキー!そうね忘れてました
いやこの感想を書くために同人誌読み始めるってのが最高に罠でして…
ただでさえ少ない時間が情け容赦なく削り取られていく…

あーまた脱線してる!
そうね、そうでした
屋台で思う存分食べられなかった分も含め、ここで一人打ち上げを敢行します

一人旅って何かあった時は不安だし、話し相手もいないので寂しい
でも自由がある
これは中々一度知ってしまうと病みつきになりそうな魔力です
であれば、折角の舞鶴まで来て地元スーパーで総菜を買って夕飯にするなど
とてもできませんからね…
(実際そのことを知り合いに話したらありえないと一言のもとに却下されましたw

そしてウィスキー これも重要
居酒屋に行くと大抵銘柄が決まってしまいますし、かといってバーでは
食べながら飲むができませんしね

宅飲み、この場合はホテル飲み?では
ハイボール→ロック→ストレートの流れを好きにできる
さらにホテルでは大抵製氷機もあるので氷も心配無しってのもまた助かります

さてではまずブリの刺身…
ひー!この脂!魚でありながらこの旨みたっぷり成分…
これまた400円ちょいの味じゃないな!もうちょっと買えばよかった(

そしてカキフライ!
レモンもソースもかけず(というか無い)にサクリ
…ああもぅ!これが29円か!頭おかしいんじゃないですかねぇええ!!
当然、冷凍してからフライという過程における変な味の変遷はなく、
鮮度十分な状態というのが良く分かる…
こんなの速攻食い終わっちゃうのでセーブしながら食べる

当然酒も!店では出ないであろう濃いめ配分のハイボール氷抜き
…ッカー!うめぇ
ウィスキー独特の強い自己主張が鳴りを潜め、薄い琥珀色につつまれた
アルコールを何の抵抗もなく喉を通過させることに一役も二役も買っている
これは確かにカキと一緒に食べたら旨いでしょうね

…ま、そんな感じで一人で楽しんでおりました

〆のラーメンなんて普段はやらないのですがあまりに料理酒共に美味しかったので
フロントに行ってカップ麺を買ってきて食べるという始末
胃の状態的に明日死ぬなと薄ぼんやり思っていましたが今が良ければいいのだ!(
明日はただ帰るだけだし…

すっかり満足してベットイン 翌日起床時から判断するに
ベットに入ってから1分以内に落ちたと思われます…

【2月9日・前夜祭含む感想】【艦これ】砲雷撃戦!よーい!四十七戦目 舞鶴(2019年2月10日)

考えれば考えるほど終わらなさそうなので、
とりあえず書きます

旅慣れないオタクの初一人旅日記になります

とりあえず一日目の感想のみです 長くなりそうなので二日目三日目は分割する予定です

二日目の感想および三日目の感想もあわせてどうぞ

■□■2/9~2/11における今回の旅行のテーマ■□■

・舞鶴砲雷撃戦を楽しむ(前夜祭含め)
・京都の伏見稲荷大社に行く

●○●5行まとめ●○●
・行きの新幹線遅延で死にました
・悲しみの前夜祭
【参加者激増による不安】が的中した感じです(砲雷撃戦も
・揚 げ た て カ キ フ ラ イ 2 9 円(税抜)
・伏見稲荷リベンジ誓う

【2019年2月9日(金)】
JR 新幹線のぞみ27号 東京11:10⇒京都13:25⇒14:48頃
バス 舞鶴赤レンガエクスプレス7号 京都14:00⇒舞鶴15:50
JR 特急はしだて7号 京都15:25⇒綾部16:30
JR リレー号・東舞鶴行 綾部16:54⇒東舞鶴17:27

参加 舞鶴砲雷撃 前夜祭

宿泊 舞鶴・アーバンホテル

食事
朝:自宅
昼:サンドイッチ1個
夜:コロッケ、舞茸の天ぷら、野菜スティック、酒(ビール、ワイン、日本酒、ウィスキー少し)

【2019年2月9日(金)】

こちらの日記に書いたとおり、関東ではまさかの降雪および積

目覚めたら舞鶴かと思いました…
出発当日の朝に荷造りというやってはいけないことをやらざるを得ない状況 時間がない…

忘れ物が無いか事前に作成したチェックリストを埋めていく
けどまー急ぐと「入ってるやろor入れたはず」とメクラでチェックしちゃうから完璧ではないですよね(

東京駅へ向かう在来線ホーム うひーふつーに雪が舞い込んでくる…
この時点では雪の影響による遅延等はなかったのでとりあえず安心

東京駅着 結構降雪が強い
そして駅構内 物凄い人 そうか世間では3連休ですものね…家族連れとカートを引いて歩く人に注意して移動する
新幹線ホーム こう寒いので立ち食いそばに心惹かれるも、前夜祭のために軽めにすることを決意

そうそう新幹線
11時過ぎとスタートにしては結構遅めです これには下記理由があります
・旅を万全に期す為、遅めにして睡眠時間をしっかりとる
・その時間だと料金が安い

料金ですが、こういうものがあり
エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約
https://expy.jp/top.php?

詳細は上記ページよりご確認いただくとして、ざっくり自分内で理解した利点は
・窓口に並ばずに席が予約できる
・割引運賃で乗れる ですね
特に運賃はEX早特21が結構デカい
21日前に予約&乗車駅を朝6時台、昼11~15時台に出発と条件厳しいですが、
今回の東京⇒京都で言えば
13,080円のところを10,800円で済みました
年会費1,080円かかりますが、行きだけでペイできました

余談ですが、帰りはもたもたしていたらEX早特21が終わってしまい、利用できませんでした;;
それでも正規料金よりは安く済みましたが

今後も遠征をお考えの提督の方にはちょっとお勧めしたいです

さて話を戻して 新幹線が東京駅出発!品川でも結構降っていました
新横浜では落ち着いたっけな?

雪の影響によるダイヤ乱れもなく、順調に推移していきました

浜松駅で停車しました のぞみが

新幹線に乗らないので上記がどれほど異常なのか今一ピンと来なかったのですが、
とりあえずヤバい

新幹線のぞみ、異常検知で一時運転停止 最大75分の遅れ
https://mainichi.jp/articles/20190209/k00/00m/040/165000c

「前を走るのぞみの一部車両に不具合が生じ、停車中。復旧には1時間かかる見込み」というような車内アナウンスが流れました

一瞬、頭が真っ白になりました

予定では京都13:25着で14:00発のバスに乗ります
単純に1時間遅れると京都14:25着でバスに間に合いません
そして18時開始の前夜祭に間に合うのか?という恐れ

いやー、今思い出してもあの時の気持ちといったら…
このときの時間見込みも多少多めに見ていて、実際には10分後くらいに動き出すんじゃないかなーと
あえて楽天的に考えないとちょっと不安でどうしようもなかったです
こういうとき一人だと辛いですね…ましてや初の一人旅
…当時のやるせなさが蘇ってきます

こうなってはしかたない ただひたすら待ちます
やがて前を走るのぞみの復旧が終わり、動き出しました
名古屋駅に着いたのが14:08 京都駅発の舞鶴行きバスは完全に間に合いませんね…

また、前述ののぞみが運行できなくなった為、乗っていた乗客をこの号に乗せるとの事
うわーこれはかわいそう…デッキや通路で立ちっぱか…そちらに乗らなくてよかったと思いました
「運行できなくなったのぞみに乗車していたお客様は払い戻しをします」とアナウンス
うわー そののぞみに乗ってればなぁと熱いテノヒラクルー

ひたすら悲しみの中、京都駅に到着 ホームに降りたのは14:48
遅延による乗り遅れでバス代払ってくれるのかなとみどりの窓口に行く…時間もないので
やむを得ず次の手段で舞鶴を目指す事にしました
(こういう場合どうなるのかしら?)

特急はしだてで綾部に行き、リレー号で東舞鶴と検索アプリで判明しました
念のため虻トラベル()も確認し、問題が無いのでチケットを取りました

事前にチケットを全て入手していたので、まさか過去の日記で取り上げた
このツイートを見直すときが来るとは…心強かったです!

3,500円弱の追加出費
たかが3,500円と思えない悲しい懐事情なのでこの余計な出費は泣きたくなりました
こちらに不手際があったわけでもないのが尚更

京都駅
前に来たのはいつだ…?十数年ぶりの京都
すげーな番線が32とかある あと人が多い!特に外国人観光客の方が
最悪、帰りのお土産はここ京都駅でもいいかと思い始める
個人的に駅内トイレのエアータオルがダイソンだったのが衝撃でした

流石に何も腹に入れないのはまずいので、軽めに済ますことに
はしだてのホームまで降りて売店へ うおっ結構空っぽ…上で買っておけばよかったか;;
サンドイッチ一個のみ買いました

隣のホームにすげー人が流れて行く 何故だ??と思ったら
あの電車は関空にいくやつだったんですかね

そんなこんなではしだて号出発 結構直前まで車内清掃していたなぁ…

提督で結構埋まってるかな?と予想していました が、かなりガラガラでした
ていうかホント山の中通るんですね…こりゃ鹿が激突して止まったりもするわけだと納得

途中の亀岡駅で何か巨大な建造物を確認 なんだありゃ?

綾部着
すげー雨降ってる!あわてて屋根に逃げ込む
ここでの20数分の乗り換え待ちが恨めしい

リレー号乗車
うん、提督と思われる人多数確認 ちょっと安心する
地元の高校生とかもいて、そこそこの乗車率
というか2両か…一応関東民と言えるのでこの両数の少なさに戸惑う

そんなこんなで東舞鶴到着!駅前に降り立ったのが17:29
17時チェックインを伝えていたおよび荷物がしんどいので、大慌てでホテルへ向かう
駅から徒歩16分が遠い…;;

今振り返ってみてここでタクシーを使うという選択肢が
全く思いつかなかったのが悔やまれます…が大量の提督たちが降り立ち
同じくタクシー待ちの可能性を考えると徒歩が結局ベストだったかもしれません

ホテル到着!冬にもかかわらず汗だくだくなので、最低限の身の回りの調整と
会場にもっていくものを大慌てで整理する

確か雨が降ってましたかね…ひたすら海沿いの道を急ぐ…
ライトアップされている赤レンガに着く!って場所どこ??
人に聞きながら会場入り口に到着!ん、受付は今通ってきたところ?というので急いで引き返す
正確な時間は分からないですが、開始10分くらいに入場できたと思います

結果から言うと、とても悲しい前夜祭となりました

・遅れてきた参加者に対しての案内が皆無
・人が多すぎて食べ物を取りに行くのが困難
・結局舟盛がテーブルに来なかった

まず案内の部分

会費集計中のテーブルで入場手続き
一企業の対応ではないのは承知しているのですが、要は金勘定中の片手間で対応されたということです
イベント系の仕事にちょっとだけ関わったことがある身としては、これはないなと思ってしまいました
やるとしても通る参加者から見えない位置でお金を数えるべきではないかと

あと、メールをすぐ見せられるようにしていたのですが、
受付時に前夜祭案内メール記載の番号しか聞かれなかったというのも驚きました
これ適当に番号言って入ることもできるんじゃ…?
よしんば番号覚え間違いで入ってしまい、
正しい番号の持ち主が後から入る際にバッティング発覚したら
どうするんだろうと思いました

さらにバンドを渡され「これを巻いてください」と言われたのですがその巻き方が分からず…
会場入り口の若いスタッフさんに教えてもらってようやく巻けました

まだ続きます

紆余曲折を経てようやく前夜祭に参加できるぞ!と中に入ってみて

どうしていいか分からないのです

各テーブルにはオードブルが並び
参加者が飲み食べながら談笑しています
各テーブルにはぎっしり人が詰まっていました
空いているスペースも足元に荷物があり、場所が固定されている?と思えました
これは途中参加者は入っちゃまずいのかなと思い、OKそうなところを探すも見つからず
というか飲み物と食べ物どうすればいいんだ??と

一言で言うと「おめーの席ねぇから!」ですね

正直この時点で帰ろうと思いました

数ヶ月前から楽しみにしていた前夜祭、当日新幹線遅延があり遅れるも10分過ぎくらいで間に合って
5,000円も払った上でこれか…
また独りってのが堪えましたね 正真正銘涙目です

予想以上の参加者で会場のキャパいっぱいいっぱいというのも分かりましたし、
準備会側が特別悪いわけではないのは理解できていました
ただ期待していた分その反動もとても大きいものでした

今思い出すだけでもこみあげるものがありますね…いやはや

では本当に帰ったか?というと
頭では誰も悪くないと理解できていたので、切り替えるしかないなと
また自分は根がネガティブなので、ここは無理をしてでもポジティブに考えようとしました

まず酒を飲もうと
…アルコールが入れば多少は陽気になり、前向きに考えられますしね!
とりあえずお酒を配布?しているところに行き、ビールをいただきました
そして箸と皿が無いのでそれもいただくことにしました
(その時は何度も同じ人に対応いただきすみませんでした…でも親切な対応で救われました)

テーブルにはオードブルが載っていましたが食べていいのか不明なので手を出せない
中央に肉まんやらなにやらちらっと見えたのでそちらに向かいました

…これ、移動がホントままならないんですよね人多すぎて
各テーブルが結構キッツキツに配置されていて、
人一人無理をすれば通れるくらいしかスペースが無い
さらに紙皿に料理を乗っけているので、もしぶつかってしまったら大惨事
カレーを運んでいる人もいましたし
なので、細心の注意を払って移動しました

ようやく取ってもOKそうなエリアに到着
人気のカニ汁でしたっけ?は最後尾がどこか分からないくらい並んでいる…
とりあえず何か食べようと、比較的空いていたスペースにあった
舞茸の天ぷらと野菜スティックを取りました
そしてここら辺は人の移動が激しいので、空いているところを探し…
ちょっと導線とかぶりますが柱付近しか見当たらなかったので、柱を背にして食べ飲み始めました

ただ、ここも人の移動もあるしなにより落ち着かない
さてどうしようか…

改めて一つのテーブルの動きを見ると、どうやら席は固定されていない?
こうなったら空きスペースのところに潜り込むしかない…
後ろの方のテーブルにススッと入って行きました

初期艦ゴトランドネタはあんまり好きではなかったですが、
この時ばかりは彼女のことを思い出し、なるほど参考にしようと
「開始からいましたが何か?」的なオーラを出して臨みました
ありがとうゴト子…!!
基本笑顔でいればまぁなんとかなりますね…!皆提督ですし話は合うわけですから

そして舟盛
各テーブルに一つの「はずだ」と思って今か今かと待ちます
おおーっと歓声が上がる方を見ると、どでかい船にたくさんの刺身が運ばれている…!
これは酒が進む!と楽しみに待っていると他のテーブルに運ばれていく…
そんなことが連続で起こり、さらにそのあとはパッタリと運搬が止まりました

同テーブルの人たちもさすがにこれは…とざわめき立つ
舟盛の代わり?なのか、大量のコロッケ(おそらくあの酒井精肉店の肉じゃがコロッケ?)が
置かれた時は
「ただ今作っているからこれを食べて待ってるんだ」ということかと思いましたが…

結局運ばれて来ませんでした

うーんこれにはガッカリ
他のテーブルには運ばれているのに何故ここだけ来ないのか…
楽しみにしていただけに落胆度合いはとても深いものでした

そもそもこの席も端の方で、なにやらはるか前方のステージでは
盛り上がっているのですがその様子が全然分からない
端の方、つまり会場入り口付近の壁沿いにモニターもありましたが終始ブルーの映像のみ
あまり考えないようにしましたが同じ参加費でこの差…と頭をよぎることもありました

あとお酒
Twitterでよく艦娘名前のお酒の映像が上がってますが、
あれは参加者が持ち込んだものなんですよね 準備会が用意した物ではなく

一応飲み放題にはなってましたが、元々ウィスキーは無し
飲もうと思っていた梅酒は早々に無くなり
チェイサー用の水も途中から無くなり、そもそも割り用のソーダが無いで
個人的には残念な面が多かったです ハイボール飲みたかった…
(ウィスキー自体は何とかなる当てがありました)

悲しいことばかりではなくいいこともありました

まず同テーブルで話をさせていただいた若い提督さん
なんでも艦娘よりは現代の自衛艦の方がメインとのこと
その方がおっしゃるには、今艦これの小説界隈がアツイとのこと

年齢制限の同人誌は減少傾向にあるが、小説は逓減傾向 むしろ横ばい?
これは結構すごいことらしいです
なるほど…小説ジャンルか…これは盲点でした

こちらはどうしてもすぐ読める絵の方ばかり追いかけてしまいますので、
これからはそちらも注視したいと思います

そして艦娘名前の日本酒を結構いただいたこと
飲み放題のビールワイン日本酒はもういいかな…と思っていたところで
卓上の日本酒に気づき、どなたの持ち物か分からないので
「飲んでいいですかー!?」と言ってみたらどうぞー!と
いくつか飲ませていただきましたが、どれもすごく飲みやすくて
ついつい進んでしまいました
…舟盛の刺身が食べられない悲しみで全く酔いが回りませんでしたがw

あとは終わり間際にウィスキーの明石を一杯もらった時ですかね
あの時だけは本当に生き返った気がしました

…と気づけばもう閉会の時
若い提督さんとは感謝の握手をし、翌日砲雷撃の会場で見かけたらよろしくですと分かれました

そこそこ日本酒を飲んでいたはずですが前述の通り全く酔いを感じず
しっかりとした足取りでホテルに戻ります

…その前に朝飯を途中のコンビニで買います
今月に入って初めてのローソン!コラボグッズ等は端から諦めていたので目的物のみ購入
結構な人がいましたがこれ皆前夜祭帰りなんでしょうねと思いつつ

ホテル帰還
時刻は22:30ごろ さすがに寝なくては…
の前に温まりたかったのでユニットバスに湯を張り一息入れます

ベッドに入り、明日のアラームをセットして初日が終わりました